超高齢者(96)に自転車の乗車を許した家族の責任は?

【自転車の96歳書類送検、よけたトラック大破・運転手死亡】

 茨城県取手市の国道交差点で4月、自転車を避けようとしたトラックが民家に突っ込んで運転手が死亡する事故があり、取手署は自転車の無職男性(96)(取手市)が赤信号を無視したのが原因として、男性を重過失致死容疑で水戸地検龍ヶ崎支部に書類送検した。

 県警によると、車と自転車の事故で、自転車側を同容疑で立件するのは異例という。

 同署関係者によると、自転車の男性は4月7日朝、赤信号を無視して国道交差点を横断し、自転車を避けようとしたトラックを右側の民家に突っ込ませ、千葉県柏市の男性運転手(当時53歳)を死亡させた疑い。トラックは前部が大破し、運転手は腹などを強く打った。自転車の男性もトラックと接触して転倒、頭に軽傷を負った。

 同署関係者は「危険な運転が事故を誘発しており、悪質性が高いと判断した」としている。重過失致死罪は、5年以下の懲役もしくは禁固、または100万円以下の罰金が科せられる。



道路交通法にチョット煩い僕に言わせて貰うと・・・・・・・ 96歳のお年寄りを弁護する訳じゃありませんが、自動車(トラック)を運転していた側にも可也の落ち度が有った様に思うんですよね!?

と言うのは、赤信号を無視したと言われているお年寄りですが、96歳のご老人が若者同様にもの凄いスピードで交差点に突っ込んで来たとは思えないんですよね!? そして何よりも幾ら青信号だからと言って速度を落とさずに進入した事じたい・・・・・・本当はいけない行為なんですよね!? 

運転免許を持っている人だったら皆知っていると思うんですが交差点内は徐行をして通り抜けなさいって言うのが道路交通法での教えなんで、幾ら自転車が飛び出して来たからって速やかに停車出来なかった運転をしていた事じたい良くないと思うんですけどね・・・・・・

仮に今回の被害者となった運転手さんが無事だったと仮定した場合・・・・・・間違い無く加害者として扱われる訳なんですが、被害の大きい方が被害者に転じると言った警察の考え方に少々問題がある様に思えるんですが如何なものでしょうか???

僕に言わせて貰えば、単純にお互いが安全確認を怠った結果が重大事故に至ってしまったと言う事なんですよね!?

それにしても96歳の御老人が自転車で移動していたと言う事の方がニュースとしては大きいって感じがするんですが、こんな発言は間違い無く不謹慎だって指摘を受けそうですね!?

交通事故に関しては何時何時・・・・・・・被害者になったり、場合によっては加害者にも成り得る事なんで、皆さんも十分過ぎるくらいに注意をして頂きたいと思います!?

最期に一言・・・・・・・今回の加害者となったお年寄りのご家族の方が居られたとしたら、超高齢者に自転車の乗車を許した若しくは黙認した家族にも責任の一端はある様に思うんですけどね!?

そんな訳で道路交通法には少々煩い僕のHPです宜しくhttp://www.total-idea-plan.com

"超高齢者(96)に自転車の乗車を許した家族の責任は?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント