死人に口無し・・・・・真実は何処に!?

<事故>バイク、標識柱に衝突少年死亡…パト追跡中 横浜
 21日午後10時45分ころ、横浜市緑区寺山町の県道で、同市瀬谷区本郷1、無職、村山慶哉さん(17)のバイクが標識柱に衝突し、転倒した。村山さんは頭を強く打つなどして約6時間後に死亡した。

 神奈川県警緑署の調べでは、村山さんがヘルメットをかぶらずに無灯火で走行していたとして、県警自動車警ら隊のパトカーがサイレンを鳴らして約300メートル追跡。パトカーは交差点の赤信号で停車したが、バイクはそのまま走り続け、約700メートル先で道路左側の歩道に乗り上げて標識柱に衝突したという。

 村山さんは今月1日に原付き免許を取得したばかりだった。現場は緩やかな右カーブ。

 県警自動車警ら隊の山田義春副隊長は「追跡方法に問題はなかったと考えている」と話した。




今までにも同様の事件と言うか事故と言うか!? 何れにしても違反をして居る方に過失の殆どが有ると思いますが、そうは言っても“死人に口無し”警察の側とすれば職業上・・・・・・違反若しくは怪しいと思しき人物や車両に対して職務質問をするのが当たり前なのかも知れませんが・・・・・・

今回の様に無灯火とノーヘルの状態で走行していたら誰だって怪しいって思って当たり前なのかなって思うんですが、ただ問題なのが運転免許・・・・・しかも原付の免許取得間も無い若者が、悪い表現をしますがノーヘル&無灯火走行が“カッコ良いって妙な考えを持って居たとしたらどうでしょうか?

当の本人は違反の意識も無いまま街中を走行中に、たまたま通り掛った警邏中のパトカーが赤色灯をガンガンまわして更に、けたたましいサイレンを鳴らしながら追い掛けて来たら・・・・・・免許取立ての若者にとっては一瞬にして犯罪でも犯したかの様な罪悪感に囚われてしまい・・・・・・逃げなきゃって発想をしてしまう可能性も強ちゼロとは思えないんですよね!?

そして何より問題にされるであろう内容が「過剰追跡」の取って付けたような四文字熟語!? 追跡の途中で交差点に差し掛かったからって追跡車両を目前にして信号待ちをするパトカーが居ると思いますか???

僕は絶対に有り得ないんじゃないかって思うんですが・・・・・・こんな言い方をすると、警察の事を何も知らない奴が結論付けて居るんじゃねぇ~って文句を言われてしまいそうですが・・・・・・そこは大人って事で多めに見てやって下さい!

その信号待ちをしているパトカーを尻目に700メートルも先で道路の左側に設置されていた標識にぶつかって命を落としたとありますが、仮に700メートルも離れた状態で、しかも赤色灯だって見えないくらいに離れたとしたらどうでしょうか??

僕の勝手な推理ですが、パトカーの追跡は赤信号の交差点を通り過ぎても更に続けられていたんじゃないかって思うんですよね!? 一般道路での追跡は時速80㎞以下で行わなければいけないって聞いた事がありましたが、本当に時速80㎞を守って追跡をしたとしてら・・・・・・確実に検挙率ゼロ%になっちゃうって断定できますね!?

今回の県警からの発言では追跡に関して何ら問題は無かったって言っているそうですが、警察官の申告以外に物証となるものや目撃者と言った新事実を提示しないかぎり警察側の証言だけが正しいって事になってしまうのもどうかなって思うんですけどね!?

最期に、この見解に関しては僕個人の勝手な推測であって、全ての警察官を否定するものでは有りません!? こんな風に言い訳を付け加えておかないと、何処でどう恨みを買うか分かりませんからね・・・・・・だったら最初っから、こんな話題に触れなきゃ良いのにって言われてしまいそうですが・・・・・・すいません!?こう言った話題になっちゃうとエキサイトしちゃう性格なんでしょね 悪しからず!?

そんな訳で僕のHPですhttp://www.total-idea-plan.com

"死人に口無し・・・・・真実は何処に!?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント