目を覚ませ『北の将軍ちゃま』2

【北朝鮮が「衛星」名目のミサイル発射】

北朝鮮は5日午前11時30分ごろ、「人工衛星」と主張して準備を進めていた弾道ミサイル1発を発射した。

 同37分ごろ、1段目のブースターは秋田県西方約280キロの日本海に落下した。ミサイルは日本本土上空を通過し、自衛隊は日本の東方約2100キロで追尾を終了した。米軍の早期警戒衛星の情報などをもとに、日本政府が確認した。日本国内への落下物や被害は報告されていないが、政府は船舶などの安全の確認を急いでいる。

 北朝鮮の長距離弾道ミサイル発射は2006年7月以来。日本上空を越えるのは1998年8月以来だが、米本土に迫る長射程化に成功した可能性がある。ミサイルが日本のはるか上空を通過したことから、自衛隊はミサイル防衛(MD)システムによる迎撃措置は取らなかった。

 河村官房長官は正午から記者会見し、「極めて遺憾だ。北朝鮮に厳重に抗議する」と述べるとともに、打ち上げられたものが人工衛星でも、弾道ミサイルに関する活動の停止を求めた国連安全保障理事会決議に違反するとして、安保理で対応を協議するよう求めた。

 防衛省などによると、ミサイルは北朝鮮北東部の日本海沿岸にある舞水端里(ムスダンリ)の基地から東に発射された。米アラスカ州まで達する可能性のある長距離弾道ミサイル「テポドン2」(射程4300~6000キロ)か、その改良型(同1万キロ以上と推定)と見られる。北朝鮮は中距離弾道ミサイル「テポドン1」(最大射程1500キロ以上)と「ノドン」(同1300キロ)も保有している。自衛隊と米軍で発射されたミサイルの性能などや、実際に衛星が打ち上げられたかどうかの確認を急ぐとともに、引き続き、警戒を続けている。 【 YOMIURI ONLINE より】





とうとう放たれてしまいましたか!? と、ま~っ人事の様に書き出してはみたものの、流石にニュースが流れた時には、まさか!?と言った一瞬の胸騒ぎを覚えましたが・・・・・・

そのご迎撃をしたと言った報道が無かったのが良かったな~って思った瞬間でもありましたけどね!?

今回打ち上げられたとされている人工衛星風の大陸弾道ミサイルの迎撃を本当に実行していたとしたら最悪の有事に繋がった可能性も否めないんじゃないでしょうかね???

聞くところに依ると、我が国日本に向けた中距離弾道弾ミサイル「テポドン」三百数十期が日本に向けられていたと言った噂もあったくらいですからね・・・・・・ 『北の将軍ちゃま』としては何も失う物なんて無いんだ~って感じに、開き直りまっしぐらを地で突き進んで来ていますからね・・・・・・・

人としての道理なんて一切持ち合わせていない人間に対して、人並みの理解を得ようとする事じたい甘いのかも知れませんね!?

だからって、このまま野放し状態を続ければ間違い無く、似た様な事を続ける可能性も出て来ますし、何より回数を重ねる事で当然の様に中身にも悪い意味の進化が加われば、ろくな結果に繋がりませんからね!? 出来たら叩ける時に叩いておくべきと言った考えを持ったとしても良いのかなって思えなくも無いんですが・・・・・・

そうは言っても、北朝鮮のほんの一握りの人間達のせいで何の関係も無い一般国民まで巻き添えにしてしまうと言うのも、人としてどうなのかなって思うんですけどね!?

北朝鮮の国の中でも『北の将軍ちゃま』の考えは間違っているって考える人だって相当数居ると思うんですよね!? そんな人達を増やし続ける事で、何時の日にか間違った政策を正すなんて事も可能なんじゃないのかなって思うんですけどね!?

そんなこんなで、満開の桜よりも空から散ってくる物に一抹の不安を感じていた僕のHPですhttp://www.total-idea-plan.com

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック