ハバネロとテキーラの化学反応!? 【豚インフルエンザ】

【違うウイルス?栄養不足で?死者はメキシコだけ、深まる謎】 メキシコを中心に新型インフルエンザが世界各地に広がる中、同国だけでなぜ犠牲者が増えるのか、専門家の間で謎が深まっている。

 同国の死者数(28日午後10時半現在)は152人に上る一方、同国以外では犠牲者が出ていない。疑い例を含む感染者数(同)は1995人で、豪州の88人、ニュージーランドの54人に比べて突出する。計算上の死亡率は7・6%に達する。

 AP通信などは〈1〉ウイルスの種類が違う〈2〉栄養不足〈3〉水不足〈4〉大気汚染〈5〉医療体制の不備--を「考えられる理由」として挙げるが、すべて憶測にすぎない。

 「感染者は報告よりもずっと多いのではないか。軽症の場合、医療機関を受診しない人も多い」と、東北大の押谷仁教授(ウイルス学)は指摘する。感染者数が10倍なら致死率は10分の1に下がる。メキシコ以外の感染者のほとんどが、同国の訪問者なのも、同国内の感染の広がりを裏付ける。 【
YOMIURI ONLINE より】





今朝のテレビで言って居たんですが日本国内に於いて季節インフルエンザと呼ばれる物だけでも毎年3万人~6万人もの死者が出ているんで、今回騒がれているメキシコで猛威を振るっている“豚インフルエンザ”の死者数・・・・・・そして拡大の仕方を見た限りでは然程の物とも思えないって見解でしたが・・・・・・・

ただ言えるのが、現段階ではウィルスの特定がはっきりしていない為に予防が必要だって呼びかけていましたが、日本国内に於いては、あと二ヶ月もしないうちに梅雨の季節が訪れるんでインフルエンザにとっては繁殖の鈍る季節に入るんで暫くは騒ぎも収まるのではって言って居ましたが、実際のところはどうなんでしょうね!?

そうそう記事のタイトルにも有った様に、病弱な人やお年寄り、更には幼児と言った比較的抵抗力の乏しい人が感染しやすいと言った特徴って、インフルエンザだけじゃなくって普通の風邪の場合にも当て嵌まる事ですが、そう思うと適度な運動と十分な睡眠・・・・・・・そしてしっかりと栄養を摂ると言った事を実行していれば、冗談抜きに“豚インフルエンザ”の患者が溢れる病室を出入りしたとしても意外と何とも無いなんて事も有り得るんじゃないでしょうかね!?

このメキシコ発の“豚インフルエンザ”の影響でゴールデンウィーク中の出国者の数が減少しているって言われて居ますが・・・・・・・

100年に一度あるか無いかと言われている世界的経済不況の中で、わざわざ海外にまで出向いて日本からお金を捨てに行かずに、出来るだけ国内で落とす様に心掛けるのも日本国経済の為になるんじゃないでしょうかね・・・・・・・・!?

新型のインフルエンザの研究に掛かる費用だって全て税金で賄われて居ることを思うと利益は外国から、消費は国内でって感じに徹底する事で意外と早く経済危機から脱出できるかも知れませんよ・・・・・マジ!?

そんな訳で、未だにパチンコから脱出出来ずに湯水の如く税金を納めている僕のHPですhttp://www.total-idea-plan.com

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック