ギャル曽根、肉の食べ過ぎで怒られる

【優樹菜とばっちり? 22:37 2009/04/21】 タレントの木下優樹菜とギャル曽根が21日、都内で行われたDVD『ウォーリー』の発売記念イベントに出席した。誕生日が同じでプライベートでも大の親友という2人。アポ無しで高級しゃぶしゃぶの食べ放題に行ったときのエピソードを、木下は「(曽根が)1人で50人前くらい食べてたらお店の“女将さん”みたいな人に『来るようでしたら前もって連絡してください』って怒られた」と明かし、笑いを誘った。

木下優樹菜&ギャル曽根とウォーリーの3ショット
http://www.oricon.co.jp/news/photo/index.php?n_id=65413&p_id=p00200904210735123001240289953L&seq=6

 同作は、人間が地球を捨てて宇宙に去ってからの700年間、ひとりぼっちで地球のごみを集めていた孤独なロボットのウォーリーがある日、天使のように美しいロボット・イヴに出会って恋に落ちるというストーリーが展開される。昨年末より映画公開され大ヒットを記録し、今回ブルーレイ&DVDで登場。イベントに登場した木下と曽根は「友情、出会い、エコなどメッセージ性がある。温かい感動が詰まってます」と笑顔でアピールした。

 イベント後の報道陣の取材で、しゃぶしゃぶ食べ放題に行った際(曽根が)食べ過ぎて“女将”に怒られた、と木下が語ったエピソードについて曽根は「(木下が)お腹すいたって言うから行ったのに、お肉3枚で『お腹いっぱい』って言うんですよ!だから私がその分食べなきゃと思って」と弁解。また25歳までに結婚したいと話すものの現在“フリー”だという曽根に対して木下が「食べ物が恋人でいいんじゃないですか」とたしなめるなど“名コンビ”ぶりを見せ、場を盛り上げていた。

 ブルーレイ&DVD『ウォーリー』は22日発売。東京・お台場のフジテレビ大階段では今月21日~5月6日まで発売記念キャンペーン『ウォーリーのタカラモノハント』が開催される。  【 ORICON STYLE より】



この話の何処までが本当か分かりませんが仮にこの話が事実だとしたら、入店を認めておきながら沢山食べたからって女将さんが腹を立てるのって問題がありますよね!?

ただ木下優樹菜の話の信憑性がどれほどのものかって考えた場合・・・・・・話を大袈裟にした可能性も十分に考えられるので適当に聞き流した方が利口かも知れませんね!?

でも木下優樹菜とギャル曽根の二人が入店して50人分のお肉を平らげたって振れ回った方が宣伝効果抜群だと思うんですけどね・・・・・・・そして出来たら大食いのシーンの写真や二人のツーショットなどなど当人達の許す限り写真を撮ってお店に飾れば十分過ぎる宣伝になるんじゃないでしょうかね!?

そうそう「しゃぶしゃぶ」の食べ放題で思い出したんですが僕の住んで居る春日部市に江戸川を挟んで隣接している千葉県野田市にある某大手飲食チェーンでも同様の「しゃぶしゃぶ食べ放題」と銘打って大々的に宣伝をしていたので、何時もの様に僕と息子二人の3人で“しゃぶしゃぶ”しようぜって事で気合を入れて入店した訳なんですが・・・・・・・

始めの10皿くらいまでは、こちらが声を掛けると直ぐにお替りを持って来てくれたんですが、そのうち僕達のテーブルから姿の見える所にはお店の従業員達の姿が見えなくなって、仕方無しに大声で係りの人を呼ぶんですが、それでも返事を返す頻度が極端に減ったので・・・・・・・もう一度係りの人を呼び付けて、このお店は10皿以上食べる客にはお肉を出すなって教育されているのかって嫌味十分に言うと・・・・・・・

そっ、そんな事はありませんって弁明はするものの・・・・・・可也核心を突いていた様で、その係員もしどろもどろって感じで・・・・・・・チョット虐め過ぎちゃったかなって、ほんのチョット反省!?

でも、その一言を放ったおかげで、その後は順調にお替りを出来ましたけどね!?

そうは言っても『ギャル曽根』のパワーには足元にも及ばず・・・・・・確か40皿程度で終えたのかな!? そう思うと大食いのカリスマ『ギャル曽根』って凄いですよね!?

聞いた話に依ると凄い時には7㎏もの食べ物を胃袋に納めるって聞きましたが・・・・・・冗談じゃなくって、大食いを終えたばかりの『ギャル曽根』の裸を一度でいいから見てみたいものですね・・・・・・色んな意味で興味津々!?

以前に比べて若干職の細くなった様な気もしますが、それでも回転寿司に行くと子供達に負けず劣らずって感じで、調子が良ければ25皿くらいは行けちゃうんですよ!?

そんなこんなで食欲・物欲そして○○欲の衰えを知らない僕のHPですhttp://www.total-idea-plan.com

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック