北の将軍ちゃま、そろそろ目を覚ませ!?

【強力な軍事報復を警告=「日本の牙城を無慈悲に粉砕」-北朝鮮】  【ソウル31日時事】朝鮮中央通信は31日の論評で、北朝鮮が「人工衛星」と称して発射の準備を進めている長距離弾道ミサイルを日本が迎撃した場合、北朝鮮は「再侵略戦争の砲声」とみなし、「最も強力な軍事的手段によってすべての迎撃手段とその牙城を無慈悲に粉砕する」と警告した。韓国の聯合ニュースが伝えた。

 論評は、日本が北朝鮮の衛星打ち上げをミサイル開発とみていることについて、「相互尊重」をうたった2005年9月の6カ国協議共同声明を認めない立場を宣言し、「6カ国協議のテーブルをひっくり返す行為だ」とけん制した。  【時事通信社より】


ミサイル発射控え「戦争前夜」=緊迫の北朝鮮-韓国支援団体

 【ソウル31日時事】韓国の対北朝鮮人道支援団体「良き友達」は31日発行のニュースレターで、北朝鮮は「人工衛星」と称した長距離弾道ミサイルの発射を控え、緊迫した空気に包まれていると伝えた。
 それによると、民間兵力に当たる労農赤衛隊のほか、地方軍や予備役も「戦闘準備」に入ったほか、男性は基本的に移動が禁じられ、人民軍兵士も外出が認められていないという。
 北朝鮮政府当局者は地方の幹部らに対し、発射前の「緊張した情勢」を説明している。
 平壌北方の平城市に住む40代男性は「戦争前夜のようだ」と話している(2009/03/31-19:33)


韓国のPSI参加検討を非難=北朝鮮

 【ソウル30日時事】朝鮮中央通信によると、北朝鮮の祖国平和統一委員会報道官は30日、韓国が大量破壊兵器拡散防止構想(PSI)への参加を検討していることについて、「破局に至った南北関係を完全に破綻(はたん)させる犯罪行為だ」と非難した。さらに、「李明博(韓国大統領)集団が参加するなら、それはわれわれへの宣戦布告であり、即刻断固たる対応措置を講じることになる」と警告した。朝鮮通信(東京)が伝えた。(2009/03/31-00:14)


米標的でなければ迎撃せず=北ミサイルで慎重姿勢-ゲーツ長官

 【ワシントン29日時事】ゲーツ米国防長官は29日、FOXテレビの番組で、北朝鮮が発射を予告した弾道ミサイルとみられる「人工衛星」について、「ハワイに向かって来るようなら(迎撃を)検討するが、現時点でそのような計画があるとは思わない」と述べ、米国の領域を標的としたものでない限り、米軍がミサイル防衛(MD)で迎撃することはないとの見解を示した。
 ゲーツ長官が迎撃に慎重姿勢を示したのは、発射予告期間(4月4~8日)を目前に控え、北朝鮮側への刺激を避け、自制を促す狙いがあるとみられる。
 同長官は、ミサイルとみられる物体が既に発射台に設置されたことから、「多分発射するだろう」と述べる一方、アラスカや西海岸など米本土に到達し得る大陸間弾道ミサイルではないとの見方を示した。また、北朝鮮が現時点でミサイルに核弾頭を搭載できる能力を持っている可能性は低いと指摘した。
 日本による迎撃に関しては、「もしミサイルが失敗して、破片が日本に落下するようなら、彼らは行動を取ると言っている」と述べた。(2009/03/30-00:05)


北ミサイル発射、来月6-8日か=4、5日は悪天候-聯合ニュース

 【ソウル29日時事】韓国の聯合ニュースは29日、北朝鮮が「人工衛星」の名目で準備を進めている長距離弾道ミサイルの発射日が、天気予報通りなら来月6日から8日になる可能性が高いとの予想を伝えた。北朝鮮は来月4日から8日の間に「衛星」を打ち上げると国際機関に通報しているが、4、5両日は雨や曇りとなりそうだという。(2009/03/29-16:37)





“北の将軍ちゃま”は、いったい何を考えて居るんでしょうかね!? 現時点で判断している日本国の防衛省の見解通りに「大陸間弾道ミサイル」の実験だとしたら、ハイそうですかって指を咥えて眺めて居る訳には行きませんよね!?

しかも幾ら大気圏外だからとは言え明らかに日本の上空を通って行く因みに大気圏「成層圏」までの距離と言っても地表から僅か50㎞足らずの高度ですからね・・・・・・・

例を挙げるとしたら日本橋から直線で埼玉県の久喜市くらいまでの距離ですからね意外と近いと言った印象があるんですが、こんな印象も人によって捉え方も色々なのかなって思いますけどね!?

明らかに中東向けの軍事設備の開発などで外貨を得ようと企んで居ることが見え見えだけに、チョット許しがたいと言うのが僕個人の考えなんですけどね!?

それにしても取り様に依っては開き直りの“宣戦布告”とも取れるような発言を公の場で当然の様に公式声明を出す神経って・・・・・・・有り得ね~って感じですよね!?

今の麻生総理大臣で良かったのかなって思うのは、もし気の強い総理大臣だったら、この際だから徹底的に“北の将軍ちゃま”を痛めつけてやりなさい・・・・・・・助さん格さん!? なんて言う可能性もなくは無いかなって思うんですけどね!?

前の副将軍、水戸光圀公・・・・・・・本家『黄門ちゃま』だったら、どう言った判断を下すんでしょうかね!?

それにしても64年もの長い年月を平和の二文字で、やって来た我が国日本の平和記録更新を妨げられちゃたまりませんからね・・・・・・・出来る限り最善の形で済んで欲しいものですよね!?

そんなこんなで“北の将軍ちゃま”の危ないオモチャが不発に終わります事を真面目に祈ろうかなって考えている僕のHPですhttp://www.total-idea-plan.com



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

原田義昭
2009年04月15日 21:17
「この怒り、北朝鮮へ届け」と題し、北朝鮮問題に関するブログをアップしました。ご一読賜れば幸いです。
http://www.election.ne.jp/10375/73199.html

この記事へのトラックバック