どちらかと言うと喧嘩推進派「決闘」容疑で少年逮捕

【B立ち合い、6対6で殴り合い…「決闘」容疑で少年逮捕】 広島県警少年対策課と広島西署は16日、集団で殴り合うなどしたとして、広島市内で活動する暴走族グループの、15~18歳の少年12人を決闘容疑で、現場に立ち会ったOBの別の少年(18)を決闘立会の容疑で逮捕したと発表した。

 発表によると、広島市安佐南区を拠点とする暴走族の少年6人と、同市西区を拠点とする暴走族の少年6人は、昨年10月22日午後9時頃、同区打越町の太田川放水路河川敷で、素手で殴り合うなどの決闘を行い、西区のグループのOB少年は立ち会った疑い。12人は容疑を認めて、うち11人は保護観察処分や少年院送致などとなっている。一方、OB少年は「見ていただけ」と容疑を否認している。

 同署などによると、少年らは「武器は使わない」「負けを認めたら、それ以上手を出さない」などの条件で、互いの勢力を誇示するために決闘を行ったという。決闘罪はあだ討ちなどを禁止するため、1889年に制定された。 【YOMIURI ONLINEより】




記事を視た限りでは先輩立会いの下で6対6の決闘ってありましたが流石に命を奪うまで頑張るとは思えないんで警察がしゃしゃり出て逮捕までしちゃうのって、どうかなって思ったんですけどね・・・・・・正直な話!?

でも、こんな風に率直過ぎる意見を当たり前の様に書いたりすると、間違い無く顰蹙をかっちゃうんでしょうけどね!?

今回の場合は地元の暴走族どうしの抗争が原因の様ですが、OBとされる鼠先輩・・・・・・訂正、只の先輩ですが6対6の喧嘩を立会ったとありましたが、冗談抜きに喧嘩の立会いと言うか仲裁役を買って出るくらいの立場にある人はそれなりに強く無いと、いざと言った場合に割ってはいるくらいの根性が無いと、どちらかが一方的にやられてしまうなんと事も十分に考えられるんで、それなりの覚悟も必要なんですけどね!?

それにしても警察が出て来るくらいの喧嘩に対して先輩一人だったとしたら、その先輩って飾りだけの先輩なのかなって思えてならないんですけどね!?

最近の少年達の喧嘩事情は解りませんが・・・・・・僕が未だガキだった頃には同じ学校の仲間が隣の学校の生徒に危害を加えられたとか何とかで、週末には仲間数十人体制で隣の学校まで押し寄せたなんて事を幾度と無く繰り返した事もありましたが・・・・・・・

運が良かったのか悪かったのかは分かりませんが、気分的には間違い無く殴り込みてき気分で出掛けて行っているんですが、何故かそんな時に限って、その学校の不良達と呼ばれている連中の姿を一度も見かけた事が無かったんですけどね!?

今考えてみれば、事前に情報が漏れていて逃げられていたのか・・・・・・それとも単純に僕達が勝手に殴り込みだと思い込んで居ただけで、周りからすれば仲の良い学生さんが隣の学校の見学に団体で来たのかな程度にしか思われてなかったりして!?

そうそう、こんな決闘で思い出しましたが・・・・・・・随分と前にレンタルビデオで視た事のあった『博多っ子純情』の1シーンを思い出しちゃいました!?

フリー百科事典ウィキペディアWikipediaより『博多っ子純情』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%9A%E5%A4%9A%E3%81%A3%E5%AD%90%E7%B4%94%E6%83%85
Youtubeより『チューリップ:博多っ子純情』
http://www.youtube.com/watch?v=iKr3KspGU3o&eurl=http://video.google.co.jp/videosearch?gbv=2&ndsp=18&hl=ja&q=%E5%8D%9A%E5%A4%9A%E3%81%A3%E5

僕個人的には喧嘩を奨励する訳じゃありませんが、何時までも鬱憤を溜め続けるんじゃなくって適度な話し合いをして、それでもお互いに合点がいかなかった場合には、ある程度のルールを決めて素手で喧嘩をするって言うのも悪くないんじゃないかって思うんですけどね!?

僕の妙な理屈・・・・・・・喧嘩は双方が勝てる見込みがあるから喧嘩に至る訳で、どちらかが一方的に暴力を加えるだけの場合には、それは喧嘩じゃなくって、ただの虐めになっちゃうんですよね!?

そんなこんなで、どちらかと言うと喧嘩推進派に属する僕のHPですhttp://www.total-idea-plan.com

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック