売り言葉に買い言葉…裁判長の判断は!?

<被害者参加>傷害事件で公判参加…被告暴言に涙 東京地裁 東京地裁で9日に開かれた傷害事件の公判で、被害者参加制度に基づいて公判参加を認められた30代の女性被害者が、被告の男(43)から暴言を浴びせられ、泣き出す場面があった。同制度を巡っては、被害者が法廷で2次的な精神被害を受ける懸念も指摘されていた。

 被告は昨年11月、東京都世田谷区の路上で占いをしていた女性に言いがかりをつけ、顔を殴って負傷させたとして、起訴された。9日の公判で女性が「被告に『小銭をかせぎやがって』と言われ、腹立たしく感じた」と証言すると、男は「だったら無償でやればいいじゃないか。茶番だ。日本中の占師をつぶしてやる」と大声で叫んだ。女性は両耳をふさいで泣き始め、裁判長は被告を退廷させた。

 女性は次回公判で、被告に直接質問する予定だったが、被害者の弁護士は裁判長に「本日の状況もあるので、もう一度女性と検討したい」と話した。  【毎日JPより】



“被害者参加制度”って言葉を耳にするのが僕は初めてなんですが…… 被害者の女性が被告に対して『小銭をかせぎやがって』と言われ、腹立たしく感じたとありましたが、それに対して被告の男性が「だったら無償でやればいいじゃないか。茶番だ。日本中の占師をつぶしてやる」と大声で叫んだ。と売り言葉に買い言葉的な押し問答だ展開された様ですが……

そこで僕が、ふっと思ったんですが…… 裁判長の捉え方にも依るのかも知れませんが今回の裁判では、事件その物の経緯や本人からの証言で事実関係を立証するのが本来の目的だったのかなって思うんですが、ただ問題なのが、被害者の女性が“被害者参加制度”と言う物に基づいて公判の参加を希望した事で

本当だったら……被害者不参加と言った状況下で被告は裁判長の一言一言に敬意を払って、事実関係を謙虚に受け止めることで罪を最小限に留めることも可能だったのかなって思うんですが

今回の場合…… 被告の欠点である何かに付けて切れ易い性格が災いして、言ってはならない暴言を吐いてしまうと言った失態を犯してしまった事が、事件に関しての反省の気持ちを感じることが出来ないとか、場合によっては被害者に対して大声で罵倒したと言う事が“法廷侮辱罪”に該当してしまい最悪の結果に繋がってしまうのかなって思ったんですけどね!?

僕の勝手な解釈ですが…… 被害者の女性の一言が切っ掛けで、詰まらない暴言に繋がってしまったとしたら、これって事故なのかなって思えなくも無いんですよね!?

確かに心の底から反省をしている人だったら、こう言った暴言には繋がらないとは思いますが…… そうは言っても上辺だけでも反省をしていますと言った言葉を残すのとは逆に“被告の放った「だったら無償でやればいいじゃないか。茶番だ。日本中の占師をつぶしてやる」と言った偶発的な暴言を裁判長が、どう解釈するかが裁判以上に興味をそそられてしまったんですけどね!?

何れにしても事件の発端は分かりませんが…… か弱い女性に対して暴力を振るってしまったと言った事実に対しては素直に反省すべきだと僕は思います!?

そんなこんなで、今年の秋には本番を迎えそうな裁判員制度が気になる僕のHPです宜しくhttp://www.total-idea-plan.com

そうそう、ここ何日か坂本冬美さんの♪また君に恋してる♪を聞きながら日記をしたためているんですよ!?  http://www.youtube.com/watch?v=b7SCA6xYYHQ&eurl=http://www.youtube.com/results?search_type=&search_query=%E5%9D%82%E6%9C%AC%E5%86%AC%E7%BE%8Eiurl=http://i3.ytimg.com/vi/b7SCA6xYYHQ/hqdefault.jpg

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック