農山漁村に人材派遣って、そんなに甘くは

<農水省>農山漁村に人材派遣 失業者受け皿にも

 農林水産省は、農山漁村で働く人材を都市から地方へ派遣する事業を08年度中から始める。派遣の期間は最大1年間だが、若者や失業者に地域の新たな担い手となってもらい、その中から農林水産業の後継者を発掘したいという狙いがある。雇用情勢が悪化する中、失業者に就業機会を提供する側面もある。旅費や手当の助成に、08年度2次補正予算案と09年度当初予算案に計12億円を計上している。【工藤昭久】

 事業の名称は「田舎で働き隊!」。2月16日まで、「仲介役」となってくれる特定非営利活動法人(NPO)や大学、農漁協、森林組合などを公募している。

 仲介役となる組織は、農業、漁業に関心を持つ学生や定年退職者、専門技術者らを募集し、地方の市町村や第三セクター、現地で活動するNPOなどの職場に送り込む。08年度中は10日程度の短期派遣を約800人、09年度は1年を限度にする派遣を約50人仲介することを計画している。働く場を失った非正規労働者らの農村への転身にも期待する。

 農山漁村での具体的な業務内容としては、グリーンツーリズム(滞在型農村観光)や都市・農村交流イベント▽農産物直売所▽農林水産物の加工▽棚田の保全活動--などの企画・運営・手伝いを想定している。

 農山漁村は若者の都市への流出が進み、地域の活性化を担う人材が不足している。地域活性化を目指した都市との交流イベントなどが最近は増えたが、イベントや直売所の運営ノウハウやビジネス感覚を持った人材の確保が大きな悩みだ。

 一方、都市部にも田舎暮らしを希望する人はいるが、農山漁村に安定した就業の機会がないことがネックになり、移住者の数は限られている。農水省は「農村に定着する若者らが増えてくれたら」と期待を寄せている。   【毎日JPより】



記事の内容と全く同じ事を考えたこともありましたが・・・・・・ 農業や漁業と言った職業に携わった事のある人ならともかく、仕事にあぶれているから仕方なしに、取り敢えずやってみようかなんて、あさはかな考えで飛び付いたりしたら、それこそ立ち直れないくらいに落ち込んでしまうなんて可能性も無くはないんじゃないかって思ったんですけどね!?

派遣切りをされてしまった人達すべてが、どんな仕事でもこなせるって訳でも無いでしょうし!? なにより派遣社員と言った雇用体制を良しとして一旦は受け入れて、いざ首切りの対照にされてしまったら潰しも効かずに途方に暮れてしまうような人だってきっと含まれているんじゃないのかなって思うんですが皆が皆とは言いませんけどね!?

そうそう僕の勝手な思い込みなのかも知れませんが、何千何万と言った人間を抱えている大きな企業の中で、一人の人間はがむしゃらになって働いたとしても、会社にどれほどの影響を与えることが出来るでしょうか? そんな大企業とは正反対の極小零細企業の中で活気になって働いた場合には、はっきりと手応えを感じることが出来るんじゃないかって思うんですけどね!?

それとは逆に、零細企業の場合には一人が足を引っ張っただけでも、会社が傾くなんて事もあり得なくもないんですけどね!?

仕事に就くと言うことは、間違い無く自分の人生を変えて行くって事ですからね!? そんな大事なことを目先に欲に捕らわれて十年先を見据える事が出来ないでいると、今回の騒動の様に切り捨ての対照にされてしまうんじゃないでしょうかね!?

まっ、あくまでも僕の勝手な想像での話ですけどね・・・・・・・???

http://www.total-idea-plan.com

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック