いけない事は楽しい!?

【小6たばこ、同級生とプカリ…「自分が吸ってて」母与える】

 福岡市早良区の市立小6年男児の母親が、男児と同級生計7人が自宅で喫煙するのを黙認していたことが同校などの調べでわかった。

 母親は「自分も子どものころから喫煙していたので」と話しているという。

 市教委と同校によると、男児は5年生の頃から母親のたばこをもらって喫煙するようになり、昨年11月中旬の修学旅行後からは自宅に遊びに来た同級生たちと喫煙していた。

 たばこは母親が買い与えていたこともあり「1日に10本吸った」と話している児童もいる。

 同校は昨年12月、男児の自宅に遊びに行った女児の保護者から連絡を受けて事態を把握。6年生の保護者を対象にした臨時保護者会を開いて説明し、母親は謝罪したという。同校は6年生に喫煙の健康被害について指導も行った。 【 YOMIURI ONLINE 】より




僕の場合ですが、僕の両親そして兄弟全員・・・・・・ 更に僕の子供達は勿論ですが奥さんも一切喫煙をしないので喫煙者の心境が今ひとつ理解出来ないところもあるんですが・・・・・・・

今までに幾度となく耳にした事のある内容に、小学校の高学年あたりから悪戯半分でタバコを吸い始めたなんて事を聞いたこともありましたが、僕の知る限りの喫煙の切っ掛けと言うのが、真っ先に挙げられる内容に“大人っぽく見せたかった”と言った安易な発想!?

続いては“友達や先輩からの薦め”断るとバカにされそうで断り切れなかったと言った2件が殆どの割合を占めるのかなって思って居るんですが、ごく希な例として妊娠をしたことで、今まで喫煙経験の無かった人が俄に吸い始めるなんてケースもあるようですけどね!?

そうは言っても、昨年あたりから騒がれ始めているタバコの価格引き上げと言った報道とタスポの導入で禁煙宣言をする人が増えつつあるって言われているようですが・・・・・・僕の周りでもずいぶんの人がタバコを止めたって宣言している人が随分と増えているんですよ!?

そうそう記事の内容に触れるとしたら・・・・・・ ここだけの話、他人の子供にまで喫煙場所を提供してしまった母親ですが、我が子可愛さに喫煙を認めてしまったんだと思いますが、さすがに同級生にまで喫煙の輪を広げてしまったのは、やっぱり失敗でしたね!?

そうそう僕が自分の子供達に聞かせている内容に“いけない事は往々にして楽しい事が多い”って教えているんですが、だからって、いけないと言われていることを奨励している訳じゃないんですけどね・・・・・・ 要するに、自己に責任を持てる人間になって初めて娯楽に手を染めても許されるんじゃないのかなって言うのが僕の考え方なんですけどね!?

そんな訳で、この先もきっと喫煙をしそうもない僕のHPですhttp://www.total-idea-plan.com

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック