派遣村がくれた生きる希望

【生きる希望、派遣村がくれた…失業・自殺未遂から再起誓う】

 職や住居を失った人たちが身を寄せる東京・日比谷公園の「年越し派遣村」には、3日も新たに入村する人たちが相次いだ。

 入村者の中に、生きることに絶望し、元日に自殺を図るまで追いつめられた男性(46)がいた。家庭崩壊、長年のネットカフェ生活、そして失職。男性は、偶然知った「派遣村」で励まされ、「もう一度生きてみよう」と自分に言い聞かせていた--。

 「もう仕事はない」。日雇い派遣労働者だった男性が派遣元の担当者から告げられたのは、昨年末のクリスマスイブだった。約7年間続けた製本の仕事は日当6840円。週5日働いてきたが、泊まり続けたネットカフェは1日1000円以上かかった。大みそかの朝、所持金は200円になっていた。「もう死ぬしかない」。あてもなく歩き始めた。

 男性は、北海道釧路市出身。19歳で上京し、不動産会社の従業員だった27歳の時に結婚した。その後、タクシー運転手に。待望の長男を授かってからは、率先して炊事や洗濯、子守を手伝う良き父だった。

 しかし、タクシーの仕事は減り、それに伴い夫婦仲も悪くなり、8年前に離婚した。空虚感から仕事が手につかなくなった。離婚から2年後、アパートを夜逃げ同然で飛び出し、ネットカフェなどで暮らしていた。

 今年元日。イヤホンでラジオを聞きながら歩き続けた男性は、午後5時ごろ、羽田空港近くの木の生い茂った歩道にたどりついた。上京後、初めてデートした公園のそばだった。高い木を選んで枝にベルトをくくりつけ、自分の首に巻き付けた。

 だが、ベルトのバックルが壊れ、一命を取り留めた。放心状態で聞いていたラジオから「派遣村」を紹介するリポーターの声が聞こえた。

 「派遣村にどんどん人が集まっています。今、さまよっている人でも、ここに来ればなんとかなるかもしれません」

 日比谷公園をめざして歩き始め、夜10時頃、公園に着いた。ボランティアの女性からおにぎりと温かいお茶を手渡されると、涙がこみ上げてきた。

 同村で弁護士に住民票を持っていないことを明かすと、「そういう人を守るのが法律です。ともにがんばりましょう」と励まされた。

 男性は派遣村が終了する5日、生活保護を申請する。「多くの人の温かさに触れた。もう一度、頑張ってみます」。そう誓った。 【 YOMIURI ONLINE 】より





例えとしては失礼かも知れませんが・・・・・・失業者の中には家族を養って居られる人だって、きっと居られるんじゃないかって想像するんですが、そな方が一方的に首を切られた事を考えた時に、ふっと思ったのが一昨年の夏から我が家で飼い始めた2匹の猫ですが、会社の倉庫の奥でか細い声で親猫を呼び続ける猫の声が三日ほど続いたある日・・・・・・

生後2週間~3週間ほどと思われる仔猫3匹がフラフラとした足取りで、こちらに近付いて来て助けを求めて来たかの様で仕方なく事務所で保護・・・・・・

当時の様子「仔猫のマーチ」から・・・・・・

2006年の夏の暑い日に、会社の倉庫の中に取り残された3匹の仔猫!? 生後2~3週間くらいと思われる仔猫の姿ですが、あまりにも痩せ衰えていて・・・・・ しかも、ここ何日か母親らしき猫の姿も見当たらず、しかたなしに事務所内で、貰い手が見つかるまでと言った期限付きで一時的に飼う事にしました・・・・・・

心当たりのある猫好きの方を探しては、連絡をしてみるんですが、中々思い通りに引き取って貰えずに居たところ会社に出入りしている運送会社の方から電話が入り、よかったら1匹わけて頂けますかと言った電話の内容に何だか小学校の頃に遠足に行くために用意をした「おやつ」リュックに入れる時の様な、妙なそわそわ感に歌いたい様な気分でした!

そんな電話から1時間ほどで、先程の方が奥さんと娘さんの3人で訪れ、3匹の中で最も小さかった仔猫を選んで行きました・・・・・

残りの2匹の貰い手が見つからなかったら、しょうがないんで我が家で飼おうかなって話が出ていたところに仕事仲間の動物好きの方から電話が入り、薄茶色の方の仔猫を貰いたいとの一報!? その時も、次々と貰い手が決まって行くので嬉しく思っていて、取りあえず最後の1匹を我が家で飼おうかなって我が家に電話をしたろころ、僕の奥さんが1匹だけじゃ可愛そうだから、2匹一編に貰って貰えないんだったら
我が家で2匹を引き取るって、強気の発言!?

確かに言わんとする事は理解できるんですが、まさか2匹一編に飼う様になるなんて夢にも思って居ませんでした!? そんな経緯があって2006年8月5日土曜日の午後から、我が家に新しい仲間が加わりました!?
♪仔猫のマーチ♪ http://www.total-idea-plan.com/syumi/cats.htm

チョット長くなってしまいましたが・・・・・・ この仔猫達同様に親をあてにしている子供達も大勢居られるんじゃないかって思うんですよね!? もし、そんな子供達を残して現実逃避を計る人が現れたとしたら!? 野生の世界だったら間違い無く飢え死にをしてしまう子供達もでてくるんじゃないかって想像するんですよね!?

こう言った事態を招かない為にも政府だけじゃなくって、新たな雇用を出来ると言った企業も援助の手を差し伸べても良いんじゃないかって思うんですけどね・・・・・・ そして仕事を探す立場の人達も、今すぐにでも行動を起こして仕事に就くべきだと思います! と言うのは時間が経てば経つほど、やる気も失せてしまいますし何より皆が働くことで多少なりとも、今の不況を若干でも上向きに出来る可能性があるんですよね・・・・・・

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック