Street View(ストリートビュー)とプライバシー

【Street Viewカーが鹿をはねた――Googleが事故について説明】

 「GoogleのStreet View撮影車が鹿をはねた」とネットで話題になっていた件で、Googleが1月29日、経緯を説明した。

 29日、米ニューヨーク州ラッシュで撮影されたStreet View画像に、撮影車の前に飛び出してきた鹿の姿と、道に倒れた鹿の姿が写っているのをネットユーザーが発見、「Googleの撮影車が鹿をはねた」とブロガーの間で話題になった。問題の画像はその後削除された。

 GoogleはGoogle Mapsの公式ブログで、不適切な画像として通報があったため鹿の画像を削除したと説明、撮影車が鹿をはねたことも認めた。ドライバーはすぐに車を止めて警察に連絡したが、警察が到着する前に鹿はどこかへ行ってしまったとしている。

 地元警察によると、その地域では車と鹿の衝突は珍しいことではなく、事故報告書を提出する必要はないという。

 Googleは、「このような事故が起きて遺憾に思う。ドライバーにけががなかったのは幸いだ」と述べている。




Street View(ストリートビュー)の良し悪しで騒がれている中で、外国での出来事とは言え、Street Viewの映像収集車輌が動物を跳ねちゃうとはね~っ!?  

でも、よ~く考えてみるとですよ!? 世界中の道と言う道を網羅する訳ですからね…… 当然の様に、その仕事に携わる車両だって半端じゃないほどの台数だと思うんですよね、そんな中で大なり小なり事故は付き物なんじゃないかって思うんですけどね!?

多くの車…… そして途方も無い距離を走れば確率的に考えても、事故に出会う確立も当然の様に増すと考えるべきなのかなって思うんですが、その反面…… 起きて当たり前と言った考えを持つ事自体、間違った居るのかなとも思うんですけどね!?

意外と表立ってないだけで、世界中を見渡して見るとStreet Viewの映像収集車輌が人身事故を起こしていたなんて事実も有ったりするんじゃないかって勝手に思って居るんですけどね!?

そうそうStreet View(ストリートビュー)と言えば、プライバシー云々で随分と問題視されているようですが、今までの様に平面的な地図から実際の景色を目の当たりに出来る事で、目的地への移動が容易になったと言った利点も間違い無くあるんで強ち悪い事ばかりでもないように思うんですけどね!?

プライバシーの侵害…… 更に防犯と言った観点からすると危険を含んでいるのではないかって言われる意見も解らなくもないんですが、犯罪者の視点が何処をどう見て、犯行に及ぶに相応しいと判断をする条件なのか、僕には理解しがたいんですけどね……

まっ、本物の泥棒が何処をどう見るのかは多分明かしてはくれないと思いますが…… 万が一でも、犯罪に利用される可能性が有るとしたら、確かに便利なStreet View(ストリートビュー)ですが、その為に迷惑を蒙る人が出るとしたら速やかに止めると言うのも賢明なのかなって思ったりするんですが如何なものでしょうか!?

僕的には便利な物として残して欲しいって思って居るんですけどね…… そんな僕のHPですhttp://www.total-idea-plan.com

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック