<マツダ>正社員1万人の基本給減額

<マツダ>正社員1万人の基本給減額 労働時間半減で

マツダは、工場の夜間操業停止により従業員の実質的な労働時間が半減したことから、国内2工場で働く正社員約1万人の基本給を減額する。減額幅は公表していないが、休日分の2割程度を削減するとみられる。

 マツダは今月、本社工場(広島県府中町)と防府工場(山口県防府市)の夜間操業を止めている。2工場の正社員は週替わりで昼勤務と夜勤務についているが、夜間の操業停止で実質的に1週間ごとに休みが発生する。このため、社内規定に基づき、賃金を一部カットすることで労使が合意したという。2月以降、夜間操業を停止するかは、新車の販売状況をみて判断するという。

 マツダは09年3月までに、14万8000台以上の規模で減産する予定。  【毎日JPより】




20年程前のバブル経済の崩壊以来、景気の向上する気配すら見えなかった時代を散々味わって来たにも関わらず…… 今度はアメリカ経済の崩壊で、その余波が世界中に飛び火……

当然の様に我が国、日本にも及んで来ている訳なんですが、昨年の中国『北京オリンピック』の閉会と粗同時期にアメリカ・リーマンの破綻を機に世界各国でソロバン勘定に狂いが出始め、当然の様に消費の低迷…… 即ち贅沢品を真っ先に控えると言った心理から、先ず思い付いたのが車の買い控え

そんな替え控えですが想像を絶する規模で…… 会社存続の為と言った形の元で昨年の秋あたりから、契約社員や派遣社員と言った期間従業員の切捨てで景気の復活まで地道に生き抜こうとしている諸企業を傍目に、明らかに税収の低下が眼に見えているにも関わらず、御役人(公務員全般)の皆々様に限っては、何処吹く風って感じで、机に足を擡げて耳掃除でもしているんじゃないでしょうかね!?

世の中の責任の全てが国の責任とまでは言いませんが、せめて国民が苦しんでいる時期ぐらいは、一緒に苦しさを装うくらいの努力を見せても良いのではないでしょうかね!?

2009年は人を頼らず己で道を切り開く、くらいの意識で先を見据えないと生き抜く事も難しい年になっちゃうかも知れませんね!?

そんな訳で、意識だけは100年先を見ている僕のホームページですhttp://www.total-idea-plan.com

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック