こんな輩には一生涯強制労働を課すべき

【不明娘思う父につけこむ、6800万円詐取容疑の男女逮捕】

大阪府熊取町で2003年5月、下校途中に行方不明になった吉川友梨(ゆり)さん(14)(当時小学4年生)を捜し出すと偽り、父親(48)から調査費などの名目で金を詐取したとして、大阪府警は6日、堺市堺区の無職中谷浩気容疑者(39)と同居の無職川上佳代容疑者(38)を詐欺容疑で逮捕した。

 2人は連れ去った犯人と交渉して友梨さんを保護したと偽り、「精神的に不安定でまだ会えない。治療が必要」などとだまし、04年7月から今年11月の間、約470回にわたり計約6800万円を父親に支払わせていたという。

 2人は「金はもらったが、調査はしていた」と否認しているという。府警は、娘の無事を願う心情につけ込んだ悪質な犯行とみて裏付けを急ぐ。

 捜査関係者によると、2人は共謀して04年7月、友梨さんの自宅に電話をかけ、応対した父親に「以前、行方不明になった親類を捜し出してくれた人がいる。紹介しましょうか」と持ちかけ、調査費などとして10万円をだまし取った疑い。

 2人は、調査を請け負ってしばらくした後、父親に「犯人と交渉をしている」「保護に成功した」とウソをつき、「会わせてほしい」と懇願する父親に、「連れ去りのショックで、心の傷が癒えていない」などとだまし、「交渉費」や「友梨さんの生活費、治療費」などと称して頻繁に金を要求した。

 また、父親の携帯電話には「九州のテーマパークに連れてきてもらったよ」という、友梨さんからの偽りのメールが送られた。友梨さんの顔写真が添付されていることもあったが、捜査関係者によると、公開された写真を、ぼかして撮影したとみられるという。

 父親は、2人が警察への不信感を巧みにあおっていたため、誰にも相談せず、指定された銀行口座に振り込みを続けていたという。

 支払いに窮するようになった先月になって、父親が初めて家族や府警に打ち明け、事件が発覚した。





卑劣極まりないと言う言葉がピッタリとしそうな犯人達ですが、今回被害に遭われた親御さんの気持ちも分からなくも無いんですが・・・・・・・そうは言っても、あの手この手の詐欺が横行している昨今で、相手の言うがままに支払い続けていたお父さんにも十分過ぎる落ち度があったのかなって思えなくもないんですけどね!?

確かに娘さんが失踪していると言った状況下で、藁にでも縋る思いで被害に遭われたんだろうとは思いますが、まる4年間・・・・・・・470回で6800万円ですか!?

さすがに、ここまで来ちゃうと親御さんには申し訳ありませんが・・・・・・・どうかしているんじゃないのって聞きたくなっちゃいますね!? そこまで被害が膨らむまでに、身近な誰かに一言相談すべきだったんじゃないのかなって思うんですが、実際に娘さんを持っていないと解り得ない心境だとは思いますが、それでもやっぱりね~っ!?

この事件で、散々支払い続けたお金は九分九厘戻って来るとは思えないんですよね!? 4年前に娘さんが行方知れずになって、更に追い討ちを掛けるように、財産までも失う破目に陥ろうとは夢にも思ってなかったんでしょうが・・・・・・・本当に掛ける言葉が思い付かないって言うのが僕の本当の心境ですね!?

当時小学4年生(14才)って事は、単純に18才~19才くらいの年齢に達しているわけですからね・・・・・・・・ もし何らかの事件に巻き込まれて拉致された状態でもご存命である事を信じて、一日も早い事件解決になって欲しいものですね!?

それにしても仕事もしないで人の心理を突いた悪質な詐欺行為を長年に渡ってはたらき続けた馬鹿野郎、堺市堺区の無職中谷浩気容疑者(39)と同居の無職川上佳代容疑者(38)の両名に関しては、単なる詐欺罪だけでなく、4年以上に渡って人の心を弄んだと言う事で、重罰に課すべきと僕は思うんですけどね・・・・・・・

来年から実行されると言われている「裁判員制」ですが、もし僕がその裁判員の一人だとしたら、今回の事件に関わった二名に関しては、禁固刑云々では無く思い切って強制労働を課して、少なくとも6800万円程度は働かせて返還すべきと思うんですけどね!? 

最近増えている犯罪者に、取り敢えず刑務所に入れば何もせずに食事にありつけると言った、とんでもない輩が増えている昨今ですからね・・・・・・・・昔の「佐渡送り」や「八丈送り」と言った様に生涯強制労働と言った厳罰もあっても良さそうに思うんですが如何なものでしょうか???

真面目に、こつこつ働くのが何と言っても一番と考える僕のHPですhttp://www.total-idea-plan.com

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック