三日月の真下に光った未確認飛行物体

【三日月と星のキュートなイタズラ!夜空のスマイリーが泣き顔に―中国】

2008年12月1日の宵の口、南西の夜空に細い三日月と金星、木星が並び「スマイリー」マークを形成する珍しい現象が現れたが、残念なことに翌晩、その愛らしい笑顔は「泣き顔」に変化してしまったという。チャイナフォトプレスの報道。

今月上旬、金星と木星が見かけ上非常に接近する現象が見られている。それに細い弧を描く三日月が近づき、1日夜には日本でも、晴れて澄み切った夜空にくっきりと「スマイリー」が浮かんだ。

翌2日の晩、福建省福州市ではその笑顔が泣き顔に変化しているのが確認された。次回、このような現象が見られるのは2032年12月になるという。



この記事に関連しているんですが、昨日(2008年12月4日)の午後五時半過ぎ頃の話なんですが南西の方向に三日月が出ていて、そこよりやや右方向に一際輝いていたのが木星で、さらに右方向に並ぶように金星が光っていたんですが・・・・・・・

その様子を見ていた職場の仲間が、同僚のS氏に木星と金星の位置関係を教えようとしていたらしいんですが、その時に金星の左側にあるのが木星だよって説明をしたらしいんですが、そのS氏若干乱視が入っているらしく、肝心の金星は見えてなかった様で

当人としては木星の輝きは、しっかりと見えていたらしく・・・・・・・・ 当然の様に左方向に月以外の星座を探して居たところ、偶然にも三日月のほぼ真下の位置に星らしき輝きを放つものを発見!?

S氏としては、金星の隣と言った説明のしかたよりも、三日月の真下にあるって説明の方が解り易いんじゃないのかなって、話を始めたらしいんですが・・・・・・・

その時に偶然にもK氏も直ぐ傍で夜空を見上げて居た様で、同じ様に三日月の真下の発光する点を目撃していたらしいんですが・・・・・・・その瞬間、先程までは明らかに完全静止した状態であった発光体が、一瞬にして移動したって、可也驚いた様子だったって後で聞いたんですが・・・・・・・

目撃者が3人と証人としては少ない人数ですが、話を聞いた感じでは・・・・・・・どうもUFOを偶然に目撃してしまったんじゃないのかなって思うんですけどね!?

だとしたら、その3人以外にも、もっと大勢の目撃者が現れても可笑しくないんじゃ「ないのかなって思ったんですよね!? 

そこで皆様にお願い! もし昨日の夕方5時30分頃に南西の方向で三日月の真下に輝いていた星らしき発光体が一瞬にして移動したのを目撃されたって方がおられましたら是非コメントをして頂きたいと思います・・・・・・宜しくお願い致します!?

そんな訳で矢追純一ほどではありませんが、UFOの話題には異常なまでに反応をしてしまう僕のHPですhttp://www.total-idea-plan.com

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック