こんな時代に有ってはならない時代錯誤

【「遅刻の罰として駅で反省文読み上げ」YouTubeで動画公開、社長ブログ炎上】

社員が遅刻をした「罰」だとして、鉄道の駅内で社員が反省文を読み上げる様子を撮影した動画をYouTubeで公開した都内の会社社長のブログにコメントが殺到し、いわゆる「炎上」する騒ぎになっている。

 問題となった社長のブログ記事は11月19日付け。3回目の遅刻をした社員に対する「罰の様子を載せます」として、社員が駅内で「目覚ましをセットしていませんでした」「多大なご迷惑をおかけしました」などと反省文を読み上げる2分半程度のYouTube動画を公開した。YouTubeの説明によると、動画は「駅に1人で行き、駅員に許可を取って撮影してきた」という。

 社長は「意識の向上を図りながら何かしらの対策も必要なのでその一環としての罰則」とコメントで説明しているが、動画の公開に対し批判的なコメントが殺到。「パワハラでは」「会社で決めたことならともかく、動画と社員の名前を公開するのはいかがなものか」などと、「罰」や動画公開に対する批判がほとんどで、25日朝までに500以上が書き込まれている。動画はニコニコ動画などにも無断転載されている。

 社長は24日の記事で「遅刻の罰則でおもしろいものがあるようでしたら、募集します」と記している。




個人的には好ましくない内容ですが、社長さんの思惑も分からなくも無いんで、どちらに対してどうって事も無いんですが・・・・・・・

駅に出向いて反省文を声高らかに読まされた挙句に、最終的にYouTubeで流されたんじゃ世界中に恥をさらした事になちゃうんですよね!? さすがに、ここまで行っちゃうと行き過ぎに域を遥かに超えていて・・・・・・・

場合によっては訴訟を起こされたりしたら、間違い無く社長さん側が不利になっちゃう可能性も十分に考えられるんじゃないでしょうかね!?

さすがにYouTubeへの投稿は無いにしても、これに近い形で新人や業績の振るわない社員に対して街頭に立たせて大声で社訓を連呼させたり、社歌を大声で歌わせたりと・・・・・・聴いている側にとって不愉快に取れる様な事も当たり前の様にさせている企業もチラホラと存在するようですが

明らかに「パワーハラスメント」として十分に値しそうなやり方に・・・・・・・そこまでして企業に従事しなくっちゃならないのかなって思うんですが、まっ職場職場で色々な良さがあって、こんな事も最終的には自分を成長させてくれるって信じて居る分には問題も無さそうですが・・・・・・・

そうは言っても、ある日突然・・・・・・・・ そんな職場に嫌気を刺した時に、色々と振り返ったら、多分・・・・・・・あの時の仕打ちは一生忘れないぞ~って、それこそ先日の「元厚生事務次官宅連続襲撃事件で、銃刀法違反容疑で逮捕されたさいたま市北区の無職、小泉毅(たけし)容疑者(46)」の様に関係者の殆どが忘れている頃に、あの時の仕返しだって、とんでもない事件に発展しないとも言い切れない世の中だけに

意識向上云々などと言った能書きが通用しなくなって居る世の中ですからね・・・・・・・ 何事においても程ほどにしないと後々に取り返しの付かない事になりかねないんで、幾ら会社の方針だからって、人権を無視したような行き過ぎた行為は慎むのが利口なのかも知れませんね!?

http://www.total-idea-plan.com

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック