“ギャラ返還疑惑”で迷走する関口宏

【“ギャラ返還疑惑”で迷走する関口宏 】

 関口宏(65)が慌てふためいている。司会を務めるTBSの新番組「水曜ノンフィクション」が振るわないためで、初回の視聴率は6.1%。その後も3.6%、5.5%……と、5%前後をウロウロし続けている。

「『水曜』はトピックスを漫然と羅列しているだけで、ドキュメンタリーなのか情報番組なのか判然としません。企画、構成を練り直す必要があると思います」(放送評論家・松尾羊一氏)

 そんな最中に関口に追い打ちをかけるような記事が……。発売中の「フラッシュ」によると、関口は上半期に自分が担当した「サンデーモーニング」と「東京フレンドパークII」の2本分のギャラ、6000万円相当をTBSに返還したというのだ。理由は「水曜」の低視聴率の責任を感じているため。しかし、TBS内部では関口の対応に「筋が違う。視聴率を上げることが先決」と悪評ふんぷんなのだとか。

 それにしても、大物司会者がギャラを返還するなど前代未聞だ。TBSに本当かどうか聞いてみると、「ご指摘の事実はありません」(広報部)と完全否定した。

 ところが、関口が社長を務める芸能プロ「三桂」に同じ質問をすると不思議な対応なのである。マネジャーを名乗る人物から「ちゃんとゲンダイさんがこちらの言い分を聞いていただけるなら、関口本人から(フラッシュの記事に対して)キチンと説明する機会を設けたい。今週中にスケジュールを詰められます」と申し出があったのだ。


●TBSの対応とは対照的

 日刊ゲンダイ本紙は関口本人からギャラ返還疑惑の真相を聞きたいと考え、担当者に快諾。ところが、翌日になって同じ人物から“ドタキャン”を伝える電話が入った。

「やっぱ、あの話(インタビュー)はなかったことにしてください。不誠実? ハイ、すみませんね~」

 週刊誌の記事が本当かウソかコメントもせず、このナメ切った対応である。何かやましいことがあるのではと勘繰りたくもなる。TBSの対応とは対照的な関口の迷走といえまいか。  (日刊ゲンダイ2008年11月20日掲載)




確かに今回の番組に関しては不評の声がチラホラと聞こえていますが、これって出演者を起用したがわと、された側としては明らかに所在の位置が異なると思うんですが週刊誌の記事の内容を鵜呑みにした場合・・・・・・・

司会を任せられた関口宏が責任を感じるまでは構わないとしても、ギャラを自主的に返還したとされていますが、これって有りなのって感じですよね!?

記事を全面的に信じ切ってしまった場合ですが、もし本当にテレビ局(TBS)側が、そのギャラの返還に応じてしまったとしたら、今後のタレント出演交渉に支障を来たす様になっちゃう可能性って十分に考えられるんじゃないでしょうかね!?

つい先日に放送を終えた「ブロードキャスター」で、TBS側としては再起を図りたいと躍起になって居るのかも知れませんが、新番組をいきなり立ち上げたからって直ぐに視聴者が食いついてくるなんて考えて居るとしたら・・・・・・愚かそのものって感じですよね!?

視聴者が今いちばん求めているものが欠けていたから視聴率の低迷に繋がったんじゃないのかなって思うんですが、単純にMCを変えて他局の番組の美味しそうなところを並べたとしても、ニュースの一時間枠で勝負するのって厳しい様に思うんですけどね!?

つい先日無くなった筑紫哲也さんや最近では殆ど視掛けなくなった久米宏さんの様な、ズバッと世相を切ることの出来る様な人格者で無いと幾ら正論を並べたとしても、今ひとつ踏み入って聞くって事が難しく思えちゃうんじゃないでしょうかね!?

いっそうのこと・・・・・・・・深夜の隣の因るご飯と題して“よねすけ”さんを生中継するなんてどうでしょうっかね!? やっぱり只のパクリだって批判を浴びそうですが、完全に真似ると言うのも中々勇気がいる事で、それはそれで意外と受けちゃったりするかもね・・・・・・って、んな訳ないっか!?

そうそう、話は違うんですが今日は下の息子、御存知お騒がせ息子として度々紹介している、プロボクサー志願の翔悟と一緒に遅すぎる紅葉を求めて群馬県の赤城山までドライブしてきました・・・・・・・

山頂に近付くに連れて薄っすらと浮き化粧をしていて、車の大半が途中で引き返していると言う中で・・・・・・無謀にも夏タイヤのままで登頂!? 勿論こうして日記を更新できた居るんで無事に帰宅できたと言う訳ですけどね!?

そんな訳で折をみて僕のHPの中で今日の写真を掲載したいと思いますhttp://www.total-idea-plan.com

画像

画像

画像

画像

画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

杉田平和町
2009年01月01日 10:02
水曜ノンフィクションの後継番組は、ミューズの微笑みとなるそうです。

この記事へのトラックバック