傷が癒えた時点で全てを水に流して

【からかわれた小6男児、同級生の背刺し重傷に 香川】

 17日午後3時40分ごろ、香川県丸亀市の市立小学校の教室で、6年の男児(11)が、同級生の男児(11)の背中の真ん中あたりを工作用のはさみ(刃の長さ約10センチ)で刺した。傷は深さ数センチで、命には別条ないが、1カ月の重傷。県警丸亀署は刺した男児を傷害の非行事実で補導し、県西部子ども相談センターに通告した。

 同市教委や同署によると、クラスの「帰りの会」の際、男性担任が「テレビ、ゲーム0の日」のチラシを配布。チラシに載っていた漫画に似ていると、クラス内で加害男児をからかう言葉が出た。加害男児が「なんやあ」と怒って1人の児童に近づくと、この児童は「おれやない」と被害男児を名指しした。

 加害男児は被害男児がからかったと思い込み、近づいていきなり背中を刺した。教室には当時約30人がいた。はさみは加害男児の道具箱の中にあった。加害男児は落ち着いた様子で「大変なことをしてしまった」と話しているという。

 同小教頭は「学校として十分反省しており、これからの対応を練る」と話した。




タイプ的には、俗に言うキレやすいタイプの様に取れがちですが・・・・・・・ 意外にストレスを積のらせるタイプだったんじゃないのかなって思うんですけどね!?

もしかしたら日頃からクラスの皆から冗談半分のからかいを受けていた可能性も考えられるんじゃないでしょうかね!? 

こんな推測が、もし本当だったとしたら起こるべくして起きた事件の様に思われてならないんですよね・・・・・・・

実際のところは分かりませんが・・・・・・・仮に想像が現実と合致していたとしたら、今回は被害者の側に立ってしまいましたが、普段は逆だったなんて事もなくは無いと思うんですけどね!? それにしても背後からハサミを突き刺したって事は、相当な力で突き刺したのかなって想像しますが

これが普段からキレ易い性格だったとしたら、からかった生徒に対して直接報復に出て当たり前なのかなって思うんですが・・・・・・・まっ、何れにしても“口は災いの元”って言いますが・・・・・・・

まさに、そんな諺の現実版って感じの事件でしたね!? 

まだ小学生って事で、刑事責任にとわれる事は無さそうですが・・・・・・ただ気の毒なのが、同級生に傷を負わせて仕舞ったと言う事実が加害者の少年の脳裏に焼き付いて、今後の人生に何らかの影響を及ぼす可能性も十分に考えられるんじゃないでしょうか???

今回・・・・・・被害者になってしまった同級生の親御さんが今後どう言った態度で加害者側の両親と話し合われるかで・・・・・・・幼い子供達の行く末に大きく影響を及ぼすと思われるので・・・・・・

他人がとやかく言う筋合いじゃないって事は十分に分かった上で一言!? 事実は事実として治療費の負担などは当然の事として・・・・・・ 傷が癒えた時点で全てを水に流して、今までと同じクラスメイトとして過ごさせて貰える事が一番良いと思うんですが、こればっかりは、当事者でないと心の内は分かりませんからね!?

最後に・・・・・・・教室に居た生徒や先生が事故を未然に防ぐと言った手立ては無かったんでしょうかね!?

そんな訳で、何時も日記の最後に僕のホームページのアドレスを貼り付けで企業宣伝を試みて居る訳なんですが・・・・・・・来月(12月)に入った時点で日記(ブログ)から訪れた方だけに特別価格でオリジナル商品『湯バスター』を提供出来たらと考えて居ますので、乞うご期待!?

http://www.total-idea-plan.com

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック