ラーメンは庶民の味方でなくっちゃ!?

【たかがラーメン? 高級店登場、1杯3000円も】

 手頃な価格で楽しめる庶民的な料理の代表格・ラーメン。人気店が味でしのぎを削る中、コース料理や1杯3000円と、「高級」をうたう店が現れた。

 有名ブランド店が入居する表参道ヒルズ(東京都渋谷区)内の飲食店「MIST」。抑えた照明が店内に落ち着いた雰囲気を醸し出し、女性客も多い。

 5000円のコース料理を注文した。滑らかにすりつぶした鶏レバーの前菜、生ハムやカラスミを合わせたラーメンスープの煮こごり、細かく刻んだナッツと蜂蜜を付けて食べる天元豚のロースト肉、22時間かけて作った黄金色のスープと自家製めんが絡み合うラーメン……。

 森住康二社長(41)は「ダシの原料など、ラーメンにすると分かりにくい食材を、目に見える形でお客様に提示したかった」という。

 「良い食材でラーメンを作りたい」と、全国を飛び回り、野菜を仕入れてきた。また、交配や飼育場まで指示して養鶏農家と契約し、豚については解体業者に注文を付けるまでの徹底ぶりだ。それだけに、「違いをわかってもらえていない」というもどかしさが、コース料理を提供する動機となったという。

 同じくコース料理を出しているのは、神奈川県海老名市の「中村屋」。月に2日、計8組限定。店主の中村栄利さん(31)の創作料理が味わえる。料金は1万2600円だが、「3か月先まで予約でうまっている状況」(中村さん)という。

 一方、高級ラーメンにこだわる店も登場した。今年5月開店の「藤巻激城」(東京都目黒区)のメニューはラーメンのみ。赤、白、黒の3種類で、1杯3000円だ。

 タイ料理のトムヤムクンをベースに、33種類の食材を使ったラーメンは、複雑な味と多彩な食感が新鮮。店主の藤巻将一さん(40)は、「ラーメン1杯でコース料理を表現した」と自信をのぞかせる。

 約250平方メートルの店内に、カウンター8席のみ。完全予約制で、営業時間も昼夜で計6時間と短い。藤巻さんは「ラーメンはB級という固定観念への、料理人としての挑戦です」と話す。

 ラーメン評論家の大崎裕史さん(49)は、「高級店が急増することはないと思うが、定着すれば消費者の選択の幅が広がる」と歓迎している。しかし、「たかがラーメンなのに、という否定的な意見がないわけではない」(森住社長)ことも現実。高級ラーメン店は果たして市民権を得ることができるのだろうか。




僕が今までに口にした事のあるラーメンで、最も高価だったのって1100円のラーメンが最高かな!? 値段が張るから美味しいだろうって普通だったら考えてしまいがちですが・・・・・・・ 意外や意外!?

最終的には食す側の口に合うかどうかに掛かって居るって事なんですよね!? その1100円のラーメンに限っては、確かに色々な物を使った出汁で、お金は掛かっているのかなって感じはしましたが・・・・・・・ ただ悪戯に、あれもこれもって感じに打ち込んだのかなって思える様な味のセンスの無さに唖然させられてしまったラーメンだった事を覚えていますけどね!?

僕の中のラーメンって言うのは、老若男女を問わず・・・・・・・しかもリーズナブルなものでなきゃいけないって考えが強いんで、記事に紹介された様なラーメンに限っては邪道なのかなって思えてならないんですけどね!?

都心の一等地で・・・・・・しかも世間では一流とされている料理人が考え出したラーメンだかた多少味に難があったとしても、この程度の料金設定でもしないと商売として成り立たないのかも知れませんね???

僕の考えるラーメンの価格って・・・・・・・魚介と鶏ガラ、そして野菜の合わせ出汁を使用したとして650円~750円って感じかな!?

豚骨6に対して鶏ガラ4の割合で大き目のチャーシューと海苔をトッピングしたとして700円~850円が限界かな・・・・・・・ 更に、海老や蟹と言った甲殻類で出汁を取った物の場合には材料の仕入れ方にも依りますが、700円~900円くらいが限度の様に思えてならないんですけどね!?

そう思うと普段から食べ慣れているラーメンって味も分かって居るし、何と言っても庶民的な価格で提供されているって事が、最大のポイントの様に思えますね!?

http://mixi.jp/view_album.pl?id=18902020&mode=photo

そんな訳で、無類のラーメン好きを自負する僕のHPです宜しくhttp://www.total-idea-plan.com

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック