“モンスター”の恰好の餌食になってしまう可能性も

【穴に指を入れると何かが……バンダイ「ツッツキバコ」】

 バンダイは10月22日、穴に指を入れて遊ぶ新感覚デジタルトイ「ツッツキバコ」を発表した。指を入れると液晶画面に自分の指が現れ、パンダやアメーバといったキャラクターをつつきまわせるという。11月15日に3990円で発売する予定だ。

 液晶画面付きの箱にぽっかりと空いた穴。中は空洞だが、指をつっこむと内側に設けたセンサーが検知して指のシルエットを画面に表示する仕組みだ。画面にはアメーバやパンダといったキャラクターが現れ、それをつついたり、こすったり、つぶしたりすると、コミカルなリアクションが楽しめる。

 例えばパンダ。タイヤにぶらさがったパンダをつつくと左右に揺れ、そのうち一回転したり、地面に落っこちたりする。人の顔が大写しになる「FACE STAGE」では、鼻にいたずらすると“くしゃみ”をして、指にべっとりと鼻水が……。ちなみにこの鼻水は、指を穴から抜くまでとれない。

 ほかにもクリオネや怪しげな生物が潜む「SEA STAGE」、カラテが得意な“箱の住人”がちょこまかと動く「FIGURE STAGE」など5つのステージを用意。かわいいパンダをいじって癒されるのもよし。箱の住人をつぶしてストレス発散するのもよし。使い方はさまざまだ。「シークレットアクション」と呼ばれる隠しアクションも多数存在するため、宝探しのようにアクションを探し出すのも楽しみの1つだ。

 さらに5つのステージのうち3つにはミニゲームも用意。玉のようになったアメーバを指でドリブルし続けるゲームや、箱の住人がのったシーソーをタイミングよく押して高く飛ばすゲームが楽しめる。

 時計表示&アラーム機能という実用的な機能も備えており、普段は卓上時計として利用可能だ。なお、アラームを止めるときも、穴に指を入れる必要がある(→インタビュー記事)。




ゲーム内容に関しては然程引き付けられるって感じがしないんですが、確かに発想は奇抜!? コントロールボタンやキーを使ってゲームに参加すると言った内容が主流だけに、たとえ指先だけでも自分が直接ガームの中に参加出来ると言った手法に関しては、珍し物好きの若者や女の子には一時的にはヒットするのかなって思えなくも無いんですが・・・・・・

ただ言えるのが、昨日の日記でも話した様に、何だかんだと企業にイチャモンを付けたがる人が増えている昨今で・・・・・・小さな穴に指先を入れるって事は、多少なりとも汚れが蓄積される可能性だって十分に考えられるんじゃないでしょうかね!?

だとするとですよ!? つい先日だって、付け爪で指先(爪部分)カビが発生したって事件とも事故とも取れる様な話題が報道されていましたが、だとすると今回紹介されているバンダイの「ツッツキバコ」も、穴の中を洗浄若しくは簡単な清掃が出来る様な機能でも備わってないとしたら、確実にトラブルの原因になるんじゃないでしょうかね???

何時もの様に僕の勝手な推測ですが、製造メーカー(バンダイ)側も、まさか汚れが原因で指先の傷から細菌が進入・・・・・・壊疽(えそ)に至ったなんて事や、指先にカビ菌が付着したなんてトラブルが発生しようとは微塵も考え付かないかも知れませんけどね!?

こう言った世の中だからこそ、あらゆる視点からトラブルを予測しないと“モンスター”の恰好の餌食になってしまう可能性も有るだけに十分過ぎる程の注意が必要なんじゃないかって思うんですけどね・・・・・・・ 思い切って「バンダイ」にメールで注意を促して上げようっかな!?

過剰なまでのオセッカイ焼きな僕のHPです宜しくhttp://www.total-idea-plan.com

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック