警察の隠蔽体質が少女の証言をでっち上げ!?

【女児連れ去り、実は「寝てしまった」…1人で一夜 札幌】

 札幌市北区で、小学4年の女児(9)が一時行方不明となり、5日午後無事保護されたが、女児は自宅近くの防風林内で1人で一夜を明かし、連れ去られた事実はなかったことが8日、女児らの話で分かった。女児と一緒にいた同級生の女児が当初、道警に虚偽の説明をしたことが騒ぎを大きくした。

 女児が4日夕になっても帰宅しないため、母親が110番。一緒にいた同級生が道警に対し、「公園で遊んでいたら知らない男の人に話しかけられた。(1人だけで)公園に戻り、もう一度防風林に行くと2人の姿がなかった」と説明したため、道警は女児が男に連れ去られた未成年者誘拐事件の可能性もあるとみて捜査した。

 女児は5日午後4時45分ごろ、防風林内で保護。その後の調べで、女児2人は4日夕、公園で遊具に落書きしているのを男性に注意され、3人で落書きを消す道具探しに防風林に行き、男性はそこで別れた。同級生は網を見つけ、「落書きを消してくるから待ってて」と言い残し、公園に向かったという。女児は同級生を待つうちに防風林内で寝てしまい、目が覚めた時は5日早朝で、その後は防風林内や近くの公園で過ごしていた。

 道警の調べに対し、同級生も当初虚偽の説明をしていたことを認め、2人の説明がつじつまが合うことから、道警は女児が男に連れ去られた事実はなかったと結論づけた。



このニュースに関して色々な憶測が飛び交って居ますが面白かった意見の中に・・・・・少女が寝入ってしまった防風林を一晩中捜索したであろう道警が比較的近くに居た少女の存在に気付いていなかった事には一切触れていないと言った脾肉の様な事実!?

そして、チョット気になったのが記事の中での少女の証言“「公園で遊んでいたら知らない男の人に話しかけられた。(1人だけで)公園に戻り、もう一度防風林に行くと2人の姿がなかった」”

落書きを咎められた事に対して若干の恐怖を覚えた少女が慌てて、落書きを消す為の道具になる様な物を探しに急いで、その場を離れてから暫くして、戻った時に友達の娘が見当たらなかったとしたら・・・・・・ 嘘を付いたと言うよりも、知らない大人の男性に叱られたと言った内容を警察官に伝える際に知らない大人(男性)が居た、そして戻った時には友達の姿が見えなかった!? そんな説明を聞いた警察官が幾つかのキーワードで即犯罪と言う考えを抱いてしまったんじゃないかって言うのが僕の推測なんですけど!?

仮に幾ら動揺していたからって、即誘拐と結び付けて話を組み立てて警察官に説明する10才足らずの少女が居るのかなって、かえって、こちらの方が妙に思えるんですけどね!? 場合によっては警察官の早とちりが大事になってしまった事を隠蔽するために、少女の偽証って事で片付けてしまおうって考えたのかなって、何時もの様に・・・・・・また勝手な推理をしてしまいました!?

警察関係者の皆さん御免なさい・・・・・・悪気は無いんで逮捕だけは、お許しを!?

そんな訳で、何時も憶測で顰蹙をかっている僕のホームページです
http://www.total-idea-plan.com

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック