悪循環の織り成す最悪のシナリオ

【殺害し遺体を販売!「被害」は400人以上…―広東省】

2008年9月1日、マレーシアの華語紙「星洲日報」によると、広東省掲陽市の警察当局が、人を殺害して得た遺体を売っていたグループを検挙、容疑者9人の身柄を拘束した。

2007年以降、殺害された被害者は400人以上にのぼると見られており、その多くは知的障害者、精神病患者や老人で、遺体は広東省東部に位置する潮汕地区などの、家族が亡くなった家庭や葬儀場に販売されていた。現在、当局は人が亡くなったとき遺体を火葬するよう勧めているが、旧来のように土葬を希望する人は依然として多く、亡くなった家族の代わりに火葬する目的で遺体が購入されていた。

8月11日夜、ある村の外でデートをしていたカップルが、突然後ろから2組の男女にロープで首を絞められ殺害されそうになったが、2人は運よく逃げだし通報したことで、グループの検挙につながった。殺害の手口は、車で後ろから忍び寄り、ロープで絞殺したり毒を飲ませて殺害するというもので、遺体に傷があると不吉だとして買い取る人がいなくなるため、刃物は使用されていなかった。値段は1体1万元(約15万円)だったという。



記事の見出しだけを見た時は、何々!? もしかして食べる為って一瞬思ったんですが、さすがに中国4000年の歴史の中でも人肉を食す習慣があるなんてって思いながら読み進めると・・・・・あ~ら勘違い!?

だからって、死者の代替!? 普通に考えても有り得ないって気がするんですが「需要と供給」と言った流れの中で人身売買・・・・・・しかも消費者側の一方的なニーズに沿った商売とは言え、人殺しを承知で購入していたのかなて思うと、ついこの間まで「オリンピック」を開催していた国とは思えませんよね!?

何だか殺人を犯してまで儲けに走った殺人者(売り手)よりも、僕の感覚が可笑しいのか分かりませんが・・・・・・死者を送る為に人の命を奪い、平然と葬式を行う神経の方を異常に思えてならないんですよね!?

でも、もっと恐ろしいのが替え玉で殺された遺族側が同じ様な考えで、同じ業者に何も知らずに依頼して、再び同様の殺人が繰り返されるなんて、とんでもない悪循環が繰り返される事だって強ち無いとも言い切れない様に思うんですけどね・・・・・・

そう思うと、近年治安の低下が騒がれている我が国、日本ですが??? さすがにこう言った事件は起きる事は無いと思うんですけどね!?

http://www.total-idea-plan.com

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年09月04日 13:23
>さすがに中国4000年の歴史の中でも人肉を食す習慣があるなんてって・・・

いやいや、有るんですねぇ、これが。しかも、たっぷりと。

魯迅が触れているのは有名ですね。
『食人宴席』(鄭 義著、黄 文雄訳)にはてんこ盛りです。

ま、何れにせよ、あちらでは「人も物にしかず」ってことですね。
2008年09月04日 22:31
goda さんコメント有難う御座います・・・・・・
凄い博学に頭が下がります!? それとも単に僕が無知なだけでしょうか?
何れにしても、そんな歴史があって現在に至っている訳ですが・・・・・
あの感覚って何処から湧いて来るんでしょうね!?
2008年09月06日 02:39
あ、いえ。私の世代では皆知ってる事でしょう。
私は無知ですよ。ホントに(^^;)

実は私もこの記事のタイトルを他所で(どこだったかな?)見た瞬間、食人を連想した口なんですよ(笑) ほー、またしても、肉饅頭かなとね。

で、この発想は・・・はて、どこからなんでしょうね? 私も理解出来ません。

この記事へのトラックバック