『 Wink 』の「真夏のトレモロ」

【相田翔子 結婚に早くも暗雲】

 先ごろ、元衆院議員の相澤英之氏と女優司葉子の三男で麻酔医師の相澤宏光氏(37)との結婚を発表したタレントの相田翔子(38)に早くも暗雲が立ち込めているという。

 「母親の司は、宏光氏にいずれ父親の後を継いで代議士になってもらいたいと考えているのですが、相田はその妻にふさわしくないと思っているフシがあるんです。マイペースで天然ボケな性格が気に入らないようです」(芸能ライター)
 ある夏の暑い日のこと。ムームーのような肩ヒモのないドレス姿の相田は手を上げてタクシーと止め、目的地へ。そして精算の際、前かがみになって運転手にお金を渡そうとしたところ、足でスソを踏みつけてしまいドレスが下にズレてブラジャーが露わになってしまったという。
 「でも、相田は“これがファッション”とばかりに顔色ひとつ変えず、そのままの恰好で降りて行ったそうです」(同)
 酒にまつわるエピソードも事欠かない。
 「酒は強くて、なんでもいける口です。ウイスキー、ビール、焼酎、ワインと何でもござれですが、一番好きなのはウォッカだと言われています」(週刊誌記者)
 政治家の妻にとって、冠婚葬祭=酒は付きものだけに、相田にはドンピシャのハマリ役と思いきや、泥酔するまでに飲んでしまうことがよくあるという。
 「前後不覚、意味不明に陥るまで飲んでしまうんです。志村けんなど、誘ったはいいけど、ベロベロに酔っ払われてしまって、帰りは、相田をおんぶして自宅まで送り届けたこともあったそうです」(芸能リポーター)
 これでは、夫の当選もおぼつかない。
 「そのあたりの情報が耳に入ったのか、司はテレビに出ている相田の話し方を聞いて、“あの話し方…、あ~いやだ”と顔をしかめたといいます」(芸能ライター)
 話し方や話の内容も、代議士の妻として心得ておかなければならない必須条件だ。
 「英之氏の鳥取の選挙区は、もともと司の地元。名家のお嬢様だった司に認められるまでには、時間がかかりそうです」(同)
 この結婚、スタートから波乱含みの様相だ。



『 Wink 』ファンの僕としては、こう言った姑さんの下へ嫁いで行ったとしても幸福が待っているような気がしないんですよね!? 元々は「司葉子」さん自身も一流の女優とまでは言えない位置に君臨していた身でありながら、いざ嫁を向い入れる段になって、何れは代議士になるであろう息子に相応しくないなんて・・・・・・ チョット言い過ぎなんじゃないのって言いたい気分ですよね!?

まっ当人同士が、どう思って居るのかは分かりませんが。母親の言いなりになって居るとしたら、37歳にもなって“マザコン”かって世間の笑い者になることは間違い無いんじゃないでしょうか???

僕が、そもそも『 Wink 』のファンになったのかと言うと・・・・・・
本当につい最近の話なんですが、知る人ぞ知る熱狂的なパチンコファンの僕が1年~2年ほど前に偶然出遭ったパチンコ台が「 CR Wink 」と言う台で、当然大当たり中に『 Wink 』の曲が流れる訳なんですが、その中でも僕の頭にこびり付いて離れなかった曲が『真夏のトレモロ』と言う曲で・・・・・・・

その日以来『真夏のトレモロ』のCDを探して速攻購入!? 
何度聞いても素晴らしくって、僕の息子(翔悟)がボクシングの試合の時の入場曲に出来たら良いな~って考えて居たんですが、そんな趣旨を翔悟に聞かせると思いのほか気に入ってくれて本気で入場曲にするって事で合意!?

親馬鹿ですが何れは日本チャンピオンから世界チャンピオンへの階段を駆け上るって期待しているので、必ず23:44 2008/09/17が試合会場に流れると信じて居るんですけどね!?

Tip ホームページ → 翔悟の部屋
http://www.total-idea-plan.com/fight/shogo.htm
自宅での練習風景
http://video.mixi.jp/view_video.pl?owner_id=17004805&video_id=3654773

画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック