我が街のブランド「ファッションセンター・しまむら」

【<H&M>大勢の買い物客が開店前に長い列 1号店】

カジュアル衣料世界3位のH&M(ヘネスアンドマウリッツ、本社・スウェーデン)の日本1号店が13日、東京・銀座にオープンした。手ごろな価格と高いファッション性が売り物。同社によると、約5000人が午前11時前の開店を待って列を作った。

 H&Mは欧州を中心に世界30カ国で1600店を展開。07年11月期の売上高は約1兆4500億円に達する。

 銀座店は商業ビルの地下1階から3階までに入居し、売り場面積は約1000平方メートル。価格は婦人用セーターが約2500円、ワンピース約4000円などと低価格ながら、デザインに力を入れたカラフルな商品が並ぶ。

 周辺にはユニクロや米ギャップ、スペインのザラなど国内外のカジュアル衣料大手が相次いで出店しており、顧客争奪戦が激しさを増しそうだ。




中央通りの銀座1丁目から4丁目交差点に掛けての僅かな距離に最近やたらと増えている大手ブランドショップですが、今日新たにH&Mと言った、何でも世界で第3位だとか4位だとかで何れにしても日本上陸を果たしたとかで騒がれていますが・・・・・・・

報道に依ると、H&Mの所属デザイナーが約100名近く居て、毎日新しいくデザインした物を入荷して、二ヶ月程で全ての商品が入れ替わるらしいって言ってましたが、だとするとテレビや雑誌などで取り上げられて、あの商品が欲しいな~って思い、いそいそと出掛けて行った頃には、お目当ての商品が店頭から消えているなんて事にもなりかねないって事ですよね!?

まっ、ファッションには殆ど関心の無い僕にとっては、どうでも良い話なんですが・・・・・・一番最初にH&Mって見た時に、どう言う訳か・・・・・・m&msのチョコレートを勝手に連想しちゃったんですよね!?

そうそう、デザイン云々はさておいて・・・・・・・価格と品揃えと言ったところだけを視て見ると、なんだかユニクロとダブってイメージしちゃうんですよね!? そしてユニクロと言えば「フリーツ」と呼ばれたヨットパーカーみたいな代物も最近では、あまり見掛けなくなった様に思って居るのは僕だけでしょうか???

僕個人の感覚としては、流行に乗り遅れまいと似た様な衣装を身に付けるよりも、無名のブランドでも自分に似合ったコーディネートをする方が、本当のファッションなんじゃないかって思って居るんですけどね・・・・・・そう考えると地元埼玉の一押しブランド「ファッションセンター・しまむら」がお勧めかな・・・・・・うんうん!?

そんな訳で質より量を重視する僕のHPですhttp://www.total-idea-plan.com

画像

画像

画像

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック