日本人の心の奥底にも同様の気質が・・・・・

【棄権の英雄・劉翔に容赦なし、ネット上には「この脱走兵め」】

 【北京=杉山祐之】中国のインターネットは18日、北京五輪陸上百十メートル障害で棄権した劉翔を罵倒する声であふれかえった。

 国民の期待を一身に集めた英雄が、転落した瞬間、無数の“石つぶて”を浴びた。

 「この脱走兵め」「意気地なし」「13億人を傷つけた。新記録だ」……。大手サイト掲示板に殺到する万単位の書き込み。多くが怒っている。ライバルの強さを知る中国国民はもともと金メダルは難しいと見ていたが、こんな形での敗北は想定外だった。「逃げ劉」--四川大地震で生徒を放って校舎から逃げた教師と同じ呼び方がすぐに広がった。

 「がっぽりもうけて最後はこれか」というカネ絡みの批判も非常に多い。超格差社会の特徴だ。中国誌によると、CMで引っ張りだこの劉翔は昨年、推定6000万~7000万元(約9億6000万~11億2000万円)の収入があった。怒りの渦に、「何千元も出して決勝チケットを買ったのに」という庶民の恨み節が混じる。

 「お前はもう終わりだ」との容赦ない宣告も続く。「中国がんばれ!」が鳴り響く北京五輪のシンボルだった劉翔はもういない。もちろん、偉大な成績を残してきた劉翔をかばう人も多いが、すぐに英雄たたきが出てくる。

 沸騰する掲示板にこんな書き込みがあった。「異常な社会だ。非常に多くの中国人が、責任と義務を他人に押しつけようとし、その人が成功すれば天まで持ち上げる。そのかわり、失敗すれば地獄に落とす」



こう言った事件と言うか、トラブルらしき問題って中国の場合とくに多いような!? たまたま隣の国だから耳に入って来る機会が多いのかは分かりませんが、もしこう言った事が日本で起きたとしたらどうでしょうか???

もし、もしですよ!? こんな事って絶対に有り得ない話ですが、今回のオリンピックで金メダルを2個も手に入れた「北島康介選手」が、平泳ぎの決勝か何かで独走態勢で、もう直ぐゴールと言うところで足が攣って(つって)しまい、後ろを泳いでいた選手達に次々と抜かれてしまい最終的に着外の結果を出してしまったとしたらどうでしょう

多分、開催国のの中国の人々は、ざまぁ見ろって嘲笑うかも知れませんが殆どの国々のスポーツを愛する人々は突然のアクシデントに気の毒がるんじゃないかと思うんですけどね!?

もちろん日本中の誰もが当人以上に肩を落とすかもって思うんですが、人間性と言って片付けてしまえば、それっきりなのかも知れませんが・・・・・・・

記事の終わりに記されて居た様に“ 沸騰する掲示板にこんな書き込みがあった。「異常な社会だ。非常に多くの中国人が、責任と義務を他人に押しつけようとし、その人が成功すれば天まで持ち上げる。そのかわり、失敗すれば地獄に落とす」”

この記事を見て、あれって感じたのが昨年から今年に掛けての「亀田バッシング」形こそ違いますが、共通点もそこそこ有る様な気もするんですけどね!? だとすると日本人の心の奥底にも同様の気質を持っていると言う事になってしまうんでしょうか???

http://www.total-idea-plan.com

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック