このままだと秋には驚くほどの物価高に!?

<高速通行>4.9%急減 ガソリン高が直撃
 東日本高速道路の6月の1日当たり通行台数が、前年同月比4.9%減の234万台に急減したことが分かった。ガソリン価格の高騰で車の利用が減ったためとみられる。中日本など他の高速道路会社でも6月の通行台数は軒並み前年を下回っており、ガソリン高の影響が全国的に顕在化してきた。

 東日本高速は、関東、東北、北海道などが管内。昨年12月以降はほぼ毎月、前年同月比1%未満の減少が続いていたが、5月に1.2%減となり、6月は減少幅が一気に大きくなった。石油情報センターの調査では、レギュラーガソリンの全国平均小売価格は6月に1リットル173円と急騰しており、同社は「ガソリン高騰の影響があるのでは」とみている。

 東海、北陸などを所管する中日本高速道路は、6月の1日当たり通行台数が前年同月比2.4%減の160万5000台。積雪などの特殊事情を除き、05年の民営化以来初めて前年割れした。中でも休日の普通車が大きく減る傾向があり、同社は「レジャーなどでの利用が減っているのでは」としている。

 首都高速道路と本州四国連絡高速道路も、6月の通行台数がそれぞれ前年同月比で3.0%減、2.7%減。西日本高速道路と阪神高速道路も、年初から5月まで微減が続いている。

 民営化した高速道路各社は、料金収入を高速道路建設による債務の返済に充てていることから、通行量の減少が続けば返済計画に影響を与える可能性もある。【毎日新聞】



今年5月の連休前あたりに騒がれたガソリン価格でしたが一旦は沈静化したかの様にも思え
ましたが此処に来て再び価格の高騰を示しており一般ドライバーはもとより、運送業界に
於いても想像を絶する痛手を蒙る結果に!?そこで、チョットした例を挙げてみました・・・・・
燃費効率の良い車と、そうでない車とでは、どれほどの差が生じるのかを数字で実感して
頂けたらと思います!?

現在1リッター当り180円を想定・・・・東京都千代田区日本橋から栃木県宇都宮市まで首都
高速&東北自動車道(往復)=7300円を利用・往復で220㎞のドライブをした場合
(A)5㎞/L (B)6㎞/L (C)8㎞/L (D)10㎞/L (E)12㎞/L 
A~Eまでの5種類の車を想定した場合・・・・・・

(A) 5㎞/L=220㎞÷ 5㎞=44.0L(7920円)+高速運賃7300円=15220円
(B) 6㎞/L=220㎞÷ 6㎞=36.6L(6600円)+高速運賃7300円=13900円
(C) 8㎞/L=220㎞÷ 8㎞=27.5L(4950円)+高速運賃7300円=12250円
(D)10㎞/L=220㎞÷10㎞=22.0L(3960円)+高速運賃7300円=11260円
(E)12㎞/L=220㎞÷12㎞=18.3L(3300円)+高速運賃7300円=10600円

以上のような結果に!? 

高速道路の使用を別と考えた場合には比較的重量のあるワゴンタイプの車に関して言えば
(A)&(B)の分類に匹敵するので東京~宇都宮を往復するだけでも8000円近い
現金が必要となる事になります。それを考えると必然的に運転を控える結果に繋がるのかも
知れませんね!?

因みに、近所の馴染みのガソリンスタンドでの話ではチョット前だったら殆どのお客が
ガソリン満タンってお客さんが殆どだったらしいんですが最近では、10L・20L
だけとか・・・・・・
場合によっては2000円分だけ入れて下さいってお客さんが目立つ様になったって
少々不満げに話していたのが印象的でした!?

そんな訳で僕のHPも宜しくお願い致します。http://www.total-idea-plan.com



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック