秋葉原大量無差別殺人とその心理

昨日の秋葉原での事件ですが・・・・・・・詳しく知れば知るほど惨い事件でしたね!?
聞くところに依るとインターネット上で犯行予告までしていたとかで・・・・・・・

実際にはどんな書き込みをしていたのかは知りませんが、場合に依っては警察の
目に触れた場合には何らかの罪で逮捕にまではいかなくっても始末書ないし警告
処分と言った対象には間違いなくなったんじゃないかって思いますね!?

もし、こう言った書き込みを見掛けたら躊躇(ちゅうちょ)する事無く警察に届け出すると
言った事も凄惨な事件を未然に防ぐ手立てだと思うんですけどね!?

書き込みをされたいた内容やサイト名・日時、そしてハンドルメームと言った事を取り敢えず
分かり易く・・・・・・もし、そう言った事が苦手な場合には全文をそのままコピーしてメールに
貼り付けて警察のHP上にあるメールアドレスから送信することも可能なんですよ!?

今回の事件に関する内容“犯人が書き込みをしたと言われている文章”をどれだけの
人が閲覧したかは知りませんが、どうせふざけて書いて居るんだろうって思われる方が
殆どなんじゃないかって想像致しますが・・・・・・・

人によっては只ならぬ気配を察知・感じ取っていたなんて人も多分居たんじゃないかって
思うんですよね!?

もし・・・・・・もしですよ!? その時に勇気を出して警察に一報をしていたとしたら
場合に依っては事件を防ぐことが出来たかも知れませんけどね!?

そうは言っても何処から何処までが真実なのかって判断をするのって難しいと言えば
難しいと思うんですが、だからと言って仮に万が一の確率で起きうる犯罪だったとしても
何も無い所を探すのでは無くって、文章から可能性を感じ取って・・・・場合に依っては
行動を起こすと言うのも間違いなく警察の仕事だと僕は思うんですけどね!?

もし、こう言ったブログを警察関係者若しくは、その家族が読んだとしたら、人によるとは
思いますが・・・・・・いちいち、こんなメールに翻弄(ほんろう)されたんじゃ身が持たないなんて
考える方も居られるかも知れませんが・・・・・・・・

事件が起きてからでは、もっと大事になってしまうって事も念頭に置いて頂けたらと
思うんですが如何なものでしょうか!?

そんな訳で犯罪心理に目覚めてしまいそうな僕のHPですhttp://www.total-idea-plan.com

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック