善と悪!? 犯罪の境界線

帰宅早々・・・・・・
下の息子の友人で隣町に住む高校生が自転車の窃盗の現行犯で地元の警察署に補導
されたって息子の携帯電話にメールが届いていたって軽い感じで僕に伝えて来ましたが
他人の自転車を無断で拝借した当人もですが、そんな事をどってこと無いって感覚で
僕に話す息子にも少々問題がある様に感じたんですけどね!?

昔っから自転車泥棒ってよく耳にしますが、自転車の価格だってピンキリって感じで
近所のホームセンターで安売りしている時には1万円前後から、普通に乗られている
自転車だったら2万5~6千円くらいなんじゃないかって思うんですけどね!?

更に高価な物なら最近人気のある有名ブランドの自転車だったら100万円を遥かに上
回る価格の物もある様ですが、そう言った極端なものは別格としても、チョット性能の高い
自転車だったら6~7万円もしますからね!?

そんな自転車ですが窃盗を犯す人にとっては単純に自転車1台としか感覚が無いのか
どうかは定かではありませんが何れにしても物と課した物に対しての価値観が随分と
薄れてしまうのか分かりませんが他人の現金だったら仮に千円だけでも奪ったとしたら
よっぽどの感覚の持ち主でも無い限り多少の罪悪感は抱くんじゃないかって
思うんですけどね!?

他人の自転車を盗んで警察に捕らわれたとしても当然の報いだと思いますが、反対に
安易な考えの者が・・・・・・・人が大切にしている自転車を意図も簡単に奪い取っては
その後はあたり構わず乗り捨てるのが「自転車泥棒」の手口と言い切れるんじゃないかって
思うんですけどね!?

そんなこんなで先程、補導された息子の友人ですが親御さんが身柄を引き取りに警察署に
出向いて始末書を書くことで今回の処分は特に無かったとの情報でしたが、運が良かった
のは現在在学している高校には知らせないとの事で済まされた事なんじゃないでしょうかね!

たかが自転車一台くらいって簡単に考えて窃盗に及んでしまた事で、場合によっては
自分自身の人生を大きく反らせてしまうなんて事も十分に考えられると思うんですが
窃盗に及ぶ人間にとっては、そんな感覚って湧いて来ないんでしょうかね!?

人の心の中には間違い無く善と悪の二通りの感覚を持ち合わせている様に思えますが
だからって自分自身を抑制出来ないとしたら、この先随分と問題なんじゃないでしょうか!?
何時でも自分を含めた景色を思い浮かべる事で客観視すると言った生き方をするべきでは
ないでしょうか!?

今日は真面目に語ってしまった!?
そんな僕のHPですhttp://www.total-idea-plan.com

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック