加害者と被害者の過失割合とは

今日のお昼丁度くらいだったと思うんですが会社から程近い国道4号線の春日部市
赤沼交差点(上り線)で軽トラックと自転車の接触事故と思われる現場を偶然通り掛った
んですが、国道4号線を東京方面に向かって行って赤沼交差点を過ぎようかって所の
横断歩道上の事故の様でしたが・・・・・・

僕が見た限りでは殆ど外傷も無く、どって事の無い様に見えましたが、車が人間と
接触をしただけで警察へ届け出する義務と・・・・・更に人命尊重と言った基本的概念から
当然の行動として119番通報も義務付けられている訳なんですが・・・・・

そこまでは何て事の無いんですが事故現場の確保は勿論ですが、その他にやらなくっては
ならないのが、その他の交通の妨げになってはならないと言った事を守らなくってはならない
状況だったにも関わらず、推定加害者の女性は中央車線(追い越し車線)に車を斜めに
停めて救急車もしくは警察の来るのを待っていた様でしたが、僕のめから見て

右側車線に平然と車を停めて・・・・・更に加害者と思われる老女と自転車を中央分離帯に
寄せ加減にして様子を窺っている様子でしたが、あの場合には左側の路側帯に車や
自転車を寄せて救急車乃至(ないし)パトカーの来るのを待つべきだと思ったんですが
加害者らしき女性も随分と慌てている様子だったので、そこまで気が回らなかったのかも
知れませんね!?

どちらが良くって、どちらが悪いって決められないのが交通ルールで人と車では確実に
車が悪いとされてしまうんですよね!?

随分と前に知り合いの男性が荒川沿いに並んでいる道を車で走って居た時に・・・・・・・
荒川土手から走り降りてきた少年が何をどう思ったか!?
走ってきたそのままの勢いで車道と土手側を分ける防護柵をヒョイと飛び越えて来て
そのままの勢いで車に接触!?

その時は、たまたまその少年の姿が事前に視界に入って居た事が減速を促して居た
ために第惨事には至らずに済みましたが、そんな特殊な状況の事故であっても自動車を
運転している人の方が悪いとされてしまうんですよね!?

それが・・・・・・仮に自殺志願の人が飛び込んで来たとしても車の方が悪いとされてしまう
不合理に問題視している専門家も居るには居るんですが、その状況をどう証明するかで
結論を見出すに至らないと言うのが現段階なんですけどね!?

もし・・・・・もし万が一でも、こう言った事故に遭遇しないとも限らないので・・・・・・・・
仮に、そんな事故に遭遇してしまったとしたら、もし自分の方に過失が無いって思える
のであれば断固として過失の有無を主張するべきだと思います!?
場合によっては控訴するくらいの意気込みも必要かも・・・・・・

車の法令や示談交渉にめっぽう詳しい僕のHPですhttp://www.total-idea-plan.com

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック