移籍云々・・・・・亀田家どうなっちゃうの!?

今日は亀田家に関わる色々な記事を掲載してみたいと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2006年06月30日
-人気プロボクサー亀田興毅(19)に対し、東日本ボクシング協会の具志堅用高副会長が
苦言を呈した件について亀田選手の所属する協栄ジムの金平会長や同選手の父史郎さんは
怒りのコメントを発表している。

今回の具志堅氏の発言を殆どのマスコミが「中傷」という表現を使って報道している。
だがその中傷とされる内容を読むと「弱い外国人とばかり対戦しているのにコミッションが
ランキングに押し込んだ」「会見や計量で相手を挑発するような言動は慎むべきだ」など
むしろ正論と言うべき事し書かれていない。

 今まで、亀田選手は計量時に何の遺恨も無い紳士的な対戦者に対し、声を荒げて恫喝
するような行為を繰り返してきた。それを誉めそやすマスコミや、注意をしない協栄ジム
関係者の方がむしろおかしいといえる。

 これに対するジム側の反論であるが、有効なのは「東洋太平洋王者にもなっている」という
ものぐらいで、あとは「具志堅氏は協栄ジムのOBなのに何故こんな事をいうんだ?」とか
具体性を欠くものばかりである。強い相手を避けランキングに押し込んだ事は陣営も否定
出来ないのではないか?

 実際、亀田陣営がフライ級世界王者ポンサクレックとの交渉決裂に到った理由は「王者が
3千万円という破格の要求をした為」と発表されている。しかしその後、階級を下げて世界
王者決定戦が決まると、亀田選手のファイトマネーは一億円になるという事だ。これでは
「交渉決裂していないのではないか?」と勘繰られても仕方が無いだろう。

 この度、協栄プロモーションは、具志堅会長から謝罪がなければ、白井・具志堅ジムとの
関係を断ち、マッチメークを行わない方針を明らかにした。協栄との関係の深かった具志堅
白井ジムとしては大きな痛手であろう。同ジム所属の選手が試合から干される事になるのは
避けられそうも無い。だが、金銭的苦境に陥っても守らねばならない物が具志堅氏には
あったという事だろう。

 逆に協栄側は立場の強い者が言論弾圧しているようで、協栄ブランドのイメージダウンは
避けられそうも無い。
器の大きい対応を期待したい。

 騒ぎの渦中に巻き込まれた亀田興毅選手が、唯一冷静な対応をしていたのがせめてもの
救いか。「言いたいなら好きなこと言うたらええ。
ただ、悪いけどオレはそんなレベルやない」とクールな対応に終始していた。未成年なのに
立派だと思う。
私も少々見直した。恐らく幼少からボクシングに親しんできた亀田選手にとって具志堅氏の
批判は理解できるのだろう。
だが実力で批判を跳ね返すという選手としての誇りも感じられた。
どうかこのまま青少年の手本となるような風格あるボクサーになってもらいたいものです。


2006年8月 4日 (金)
亀田に怒った具志堅用高の真意
 ライトフライ級王者となった亀田興毅選手への批判が渦巻いている。ハッキリとは書か
ないが、各紙とも八百長試合だといわんばかりである。 まあ、たしかにそうだろう。
初回にダウン、11、12ラウンドは打たれてヘロヘロになり、どうにかクリンチで逃れた
ボクサーが判定で勝っちゃまずい。 

 一番問題とされているのが、最終12ラウンドの判定だ。パナマとフランスのジャッジが
対戦相手のランダエタにポイントを付けたのに、韓国のジャッジだけが亀田選手のポイント
とした。もし彼がほかの2人と同様の採点をしたら引き分けだったから、「怪しい」と勘ぐり
たくもなる。
しかも亀田選手にまつわる「疑惑」はこれだけではない。

 そもそも彼の階級はフライ級、前チャンプがタイトルを返上したため急遽階級を下げて
挑んだ試合だった。ところが闘ったことすらないライトフライ級の順位は2位。一方、階級を
1つ上げて挑戦したランダエタも実績のないライトフライ級で1位。
いったい何を基準にライトフライ級の順位を決めたのだろうか? いや、そもそも亀田選手の
フライ級の順位でさえ、1回も日本人と闘わずにつくりあげたのだが……

 そのうえ今回の世界戦を放映したTBSはレコード大賞を大晦日から30日に移し、亀田選手
の防衛戦を放映する計画まで事前に明らかにしていた。
 世界戦を放映するためには今回のタイトル戦で勝たなければならない。結果もわからない
うちから放送予定の変更まで漏らしていいのか、と他人事ながら心配になってしまった。
 あの試合内容に追加して、これだけの事実がわかれば心証真っ黒である。

 じつはネット上では、試合前から怪しい判定試合になると予想する向きもあった。
弱い外国人とだけ当てて順位を上げ、階級の無理な変更などを見て「やるぞ」と感じていた
人がいるわけだ。

 さらに興味深いのは、今年6月末に元ライトフライ級王者の具志堅用高氏が『毎日新聞』の
取材で亀田選手のことをボロクソにこき下ろしたことである。

 「我々もとボクサーや現役選手で、彼を本当に強いと思っている人がどれだけいるだろうか」
「日本選手と戦わず、本来のフライ級はWBA、WBCとも王者が強いこともあり、1階級下げて空位の王座決定戦に出る。金をかければ、そんなに簡単に世界挑戦できるのか」

 どれも強烈なコメントだ。問題は、彼が会長を務めるジムのプロモートなどを請け負い、
自身が選手時代に所属していた協栄ジムの選手に、どうしてこれだけの批判を浴びせた
のかである。具志堅氏のインタビュー記事が掲載された翌日、協栄ジムの会長は「具志堅氏
から謝罪がない限り、今後は試合を組むなどジム同士の交流を停止する」と発言した。
大手の協栄ジムがプロモートを取りやめる影響は少なくない。

そんなことは具志堅氏も発言する前からわかっていたはずだ。
 だが、どうしても言わずにはいられなかったのだろう。
ただ「僕は亀田君のために厳しいことを言っている」とも氏は語っているが果たしてそうか。
 ここで思い出すのが、協栄ジム前会長が具志堅氏の防衛戦相手に仕掛けたとされる
事件だ。あろうことか薬物を混入したオレンジを相手に与えたという。

 このスクープでマスコミの取材を受けた具志堅氏は、「そんな話は知らなかった。
試合前のボクサーはそんな策をろうす余裕などない」というような趣旨の発言をしたように
記憶する。 たしかにそうだろう。

 激しい練習と減量のさなかに、毒入りオレンジを相手に渡す余裕などない。
だいたい13回もの防衛に成功した具志堅氏は策をろうするまでもないほど、圧倒的な強さを
誇っていた。つまり毒入りオレンジはジム側が選手に黙って仕掛けた可能性が高い。
1つの「保険」として。

 ボクシングほど「一敗」の重いスポーツはない。
 王座陥落、あるいは王座への挑戦失敗となると、必ずといっていいほど選手は引退を
問われる。チャンピオンに負けたとしても、オリンピック風に考えれば銀メダルなのにである。
だからジムとしては「保険」がほしくなる。
こうした協栄ジムの「保険構造体質」を熟知していた具志堅氏が、協栄ジムに向けて警告を
発したと考えるのはうがち過ぎだろうか?

 世界戦の前から盛り上がっていた人気。後に続く兄弟の先陣としての役割。
初の世界戦に2時間半もの枠をTBSに用意させた注目度。
 金のなる木である亀田興毅選手を絶対に枯らせてはいけないというジムの方針こそ、
彼は批判したかったのではなかろうか。

 自分のまったく知らないところで「保険」がかけられ、その疑惑によって自分の戦歴が
傷ついた経験を持つだけに、姑息な手段が許せなかったとも考えられる。

「強い選手とやって負けたっていいじゃないか。経験を積んで強くなる。でも、テレビの
視聴率のためには、そうはいかないのだろう」と語る具志堅氏の言葉は重い。


2007年10月23日
亀田一家大阪復帰へ現実味…解雇問題も否定せず
 大阪・オールジムへの亀田一家移籍騒動は、史郎氏(42)が「移籍の動きなどしていない」
と話し、オール側も否定したことで一応落着した格好だが、協栄・金平桂一郎会長(41)は
「強い不快感」を収めようとせず、解雇問題への影響も否定しなかった。オールジムの津川勝
会長代行(67)はあらためて「要請があれば喜んで(兄弟を)受け入れたい」と話し、一気に
亀田一家の大阪復帰が現実味を帯びだした。

 津川氏によると、史郎氏から電話が入ったのは15日午後7時半ごろ。
 「相談したいことがある。よろしく頼んますわ」と話す史郎氏に「どんなことや」と聞き返すと、
「今ちょっと忙しいんで、また大阪に寄ったときでも」といって電話は切れたという。

 津川氏は「『ひょっとしたら移籍のことかな』と、そう頭の中で空想したことをテレビ局の
取材で話したら、言葉尻をとられてしまった。金平会長にも、史郎さんにも悪いことをした」と
頭をかきながら、それでも「正式な要請があれば」を前提に「受け入れることを考えたい」と
語った。

 大阪・ミナミの繁華街に近接した大阪府立体育会館の裏手にあるオールジムは、終戦
直後の1945年に開設された。「ボクシングの神様」ベビー・ゴステロをはじめ、河田一郎、
大塚昌和らの日本王者を輩出した大阪の名門。90年に休眠したが、「ナンバから世界
チャンプを」をキャッチフレーズに99年9月に再興した。5年前にはアマチュア時代の興毅
(20)が半年ほど練習に通い、今年5月には興毅が、今月11日には大毅(18)が
スパーリングを行うなど、亀田一家との縁も深い。

 津川氏は「電話があったときは元気がなかったけど、ふだんはそんなに悪い人間じゃない」
と史郎氏を擁護し、「(兄弟を)受け入れることになれば、他のジム生には刺激になる」と
亀田一家の大阪復帰を歓迎したい意向だ。

 もっとも亀田一家をめぐっては、故郷大阪でも総スカン状態。関西の重鎮、新日本大阪ジム
の鈴木太一会長(79)は「『東京を締め出されたから戻ります』いうのを聞き入れるジムが
関西にあるやろか。プライドいうもんがあるわな」と語り、あるトレーナーはこうこぼした。

 「数年前なら日本人が世界戦に出場すると、ジムには見学者が押し寄せたもの。
今は亀田戦の翌日でもだれも来ない。ボクシングは八百長だと思われているようで、『苦しい練習をしても強くならない』という声を聞いた。亀田がボクシング人気をあげたという実感は
まるでない」
 当の津川氏も「『なんで(亀田を)受け入れたんだ』とか、『金が動いた』と言われたりしたら、
つらいなあ」と、早くも期待と不安が交錯しているようなのだ。


2007年10月23日
「大阪戻りたい」亀田家東京脱出?
 二男・大毅がWBC王者・内藤に謝罪したことで、沈静化に向かうとみられた亀田騒動。
その流れは、この日急浮上した移籍話で再び激流と化した。事の発端は15日に日本
ボクシングコミッション(JBC)の倫理委員会から世界戦での反則に対する処分が発表
された直後。
史郎氏が電話でオールジムの津川会長代行に、移籍の相談を持ちかけていた疑いが
浮上した。

 もともと亀田家の地元・大阪への思い入れは強い。5月に2年5カ月ぶりの凱旋試合に
臨んだ際、長男・興毅が「東京は冷たい感じがするけど、大阪は何か温かい感じがするな」と
郷愁を口にしたことがある。すでに11日の大毅の世界戦以前から、所属契約を結ぶ協栄
ジムとの関係が悪化。ジムとの交流がほとんどなく、興毅が「大阪に戻りたいな」と関係者に
漏らすなど、史郎氏が大阪Uターンに向けて動いている可能性は早くからささやかれていた。

 それだけに、この日のワイドショーでも史郎氏が津川会長代行に移籍を相談していた
ことが報じられると、真っ先に反応したのは、協栄ジムの金平会長だった。昼すぎになって
亀田側から移籍の相談については事実関係を否定する釈明の電話が入ったものの「強い
不快感を持っています。オールさんに電話するなら、ほかに(謝罪などで)電話するところが
あるでしょ」と怒りをにじませた。

 本来なら金平会長と史郎氏が今後について話し合い、お互いの感触を確かめてから
移籍に向けて動くのが筋。そのトップ会談も25日以降に行われることしか決まっていない。
交渉が決裂するのを見越したかのような史郎氏の行動が事実なら、背信行為と受け
取られても仕方がない。

 真相は不明だが、文字通り“浪速”の亀田3兄弟が復活する可能性は捨てきれない。
交渉の行方が注目される。


2007年10月24日
亀田父に厳しい要求へ=兄弟は残留の可能性も示唆-協栄ジムの金平会長

 プロボクシングの亀田大毅(協栄)が世界戦で反則行為を繰り返した問題で、協栄ジムの
金平桂一郎会長は24日、東京都内の同ジムで記者会見し、亀田兄弟の父親、亀田史郎氏
にボクシング界からの撤退を含めた厳しい要求をする意向を明らかにした。同会長は近日中に
同氏に会うとした上で、「史郎さんはもう一度誠意が伝わるように会見して謝罪するか、
一線から身を引かないと許されないというのがわたしの率直な考え」と話した。

 金平会長は一方で、長兄の亀田興毅(協栄)と亀田大については父親との関係を絶った
上でジムに残留させる可能性を示唆。「興毅はナイーブな性格で優しく弟思い。非常に
ショックを受けていると思う。大毅はまだ若く、非常に反省していると想像している。
(2人とも)極めて良い素質を持った選手だと思う」と話した。

 日本ボクシングコミッション(JBC)は史郎氏に無期限のセコンドライセンス停止、亀田大に
1年間のボクサーライセンス停止、亀田興には厳重戒告の処分を科した。協栄ジムでも
独自に亀田父子を処分することになっており、金平会長は契約解除も選択肢の一つと
している。 

亀田父に厳しい処分も…協栄ジムの金平会長
 世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチ(11日)で反則行為を繰り返し、
日本ボクシングコミッション(JBC)から処分された亀田大毅(18)の問題で、所属先の
協栄ジムの金平桂一郎会長は24日、東京都内の同ジムで会見し、亀田大と父史郎
トレーナー(42)、兄興毅(20)の3人と今週中に協議し、ジムとしての処分を下す方針を
示した。

「すべての可能性を否定しない」と述べ、亀田家との契約解除もあることを改めて示唆した。
史郎氏はJBCからセコンドライセンスの無期限停止処分を受けて指導を禁じられているほか、
東日本ボクシング協会から自宅兼ジムでの亀田兄弟の練習も禁止された。金平会長は
「JBCや協会の条件をクリアしなければならないと史郎氏を説得する」と交渉のポイントを摘。
史郎氏が17日にJBCで行った会見について「誰に何を謝っているのか不明で、謝罪が
不十分。もう一度誠意が伝わるように会見して謝罪するか、身を引かないと、この業界では
許されない」と述べた。

 反則の指示を史郎氏と亀田興が否定したことにも「私は納得していない。この点は問い
ただす」と言明。その一方、兄弟に関しては「父親とは別個の人格。非常に可能性のある
選手」と評し、史郎氏とは別にジムに残留させたい意向も示した。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
取り敢えず、あちこちから拾い上げた記事をつらつらと貼り付けてみましたが、最終的に
言える事が、亀田家のドンである亀田史郎氏自身が周りの状況が一切目に入らずに居た
ことが最大の敗因と言えるのかも知れませんね!?

確かに「飛ぶ鳥を落とす勢い」に満ちていた「亀田興毅選手」そして「亀田大毅選手」だけに
普通に考えて、ただでさえ気丈を売りにしていた亀田兄弟には本人の気付かない間に伸びる
だけ伸びた自分の鼻の先が見えなくなってしまって居たのかなって思うんですけどね!?

そんな訳で完全に手抜きとも思える今夜のブログですが・・・・・・・
そんなブログを管理している僕のHPですhttp://www.total-idea-plan.com

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック