休みを知らない交通事故

そろそろUターンラッシュが全国の高速道路で発生している様ですが・・・・・・・
当然の様に、あっちこっちの高速道路で渋滞が起きている様で、そんな渋滞の
中でニュースになるほどでは無い交通事故や人身事故と言った折角の夏の思い出を
一瞬にして台無しにしてしまう交通事故が、毎年の様に繰り返されている様です!?

そんな交通事故の中でも高速路線バスがノーブレーキで渋滞中の最後尾の車両に
追突、痛ましい事故になってしまったのはニュースでも大きく取り上げられていましたが
そんな事故現場を偶然にも見合わせたドライバーが対向車線に差し掛かったときに
野次馬精神でしょうが、ゆっくりと走りながら眺めているなんて光景が報道されていましたが

当人としては単純に物見遊山に過ぎなかったのかも知れませんが、そんなノロノロ運転の
後方では間違い無く更なる渋滞が発生しているって言う事に、何の罪悪感を抱く事も無く
事故現場を見て、歪んだ感覚の土産話として脳裏に刻んで居るのかも知れませんが

そんな野次馬の影響で同様の事故を引き起こす切っ掛けを作っているって感覚を
ドライバーとして、しっかりと自覚して頂きたいと思いますね!?

渋滞時の事故とは異なりますが、早朝の静岡県でツーリング中のバイクが大きな
左カーブを曲がり切れずに道路右側の側壁に接触!?右膝下10㎝から下を切断!?

ただ凄かったのが、肝心の当人が事故現場から2㎞先の信号で停車するまで全く
気付かずに居たと言う事です・・・・・・

バイクが停車する時には両足で、しっかりと車体を押さえないと簡単に転んでしまうので
普通に足を着こうとして初めて自分の足が無くなっていた事に気付いたとの事でしたが
瞬時に極端な負傷を負った場合に・・・・・・稀ですが痛みを感じない事があるって聞いた
ことが有りましたが今回の事故も、そんな自己防衛的な現象だったのかなって
思いますね!?

随分と前の話ですが、深夜の東名高速道路下り線(静岡県御殿場)を走行中に
僕の少し前を走っていたバイクの走りが、あまりにも不自然な走りをしていた事に逸早く
気付き、しっかりと車間を取って様子を見ていたところ、ゆっくりと蛇行を始めたかと
思ったら偶然にも、そのバイクの左側を走っていた乗用車に、あわや接触と言う瞬間に

気を利かした訳じゃなかったんですが突発的衝動からだと思うんですが、僕が放った
けたたましいクラクションの音に、バイクを運転していた人(ライダー)が瞬時に意識を
戻したのか分かりませんが何れにしても居眠り状態から立ち直った様で一瞬フラフラっと
しましたが、次の瞬間・・・・・・

バツが悪かったのか勢い良く走り去り僕の視界から消えてしまいましたが、その現場から
僅か17㎞程の地点で右側のガードレール(ガードワイヤー)に絡む様にひ掛かった感じで
間違い無く単独事故を起していたんですが、肝心のバイクは、その事故現場から100m
ほど先の左側に横たわっていました!?

この事故を冷静に検証した場合・・・・・・・最初に僕が警笛(クラクション)を鳴らされた時に
眠気の為にフラフラと走行していたんだろうなって思うんですが、その時点で思い切って
仮眠を取っていたら、そんな事故に遭わずに済んだのは間違い無いと思うんですけどね!?

高速道路の場合・・・・・・24時間体制で随時道路状況を監視しているんで、偶然にも
事故に遭遇したからって、わざわざ通報をしなくっても大丈夫なんですよ!?

事故の発生条件として挙げられるのが「スピード」「わき見」「居眠り」「過積載」の
4点を挙げられるんですけどね・・・・・「飲酒運転」に関しては論外ですけどね!?

まだまだ暑い夏休みが続きますが、ゆったりとした気持ちと、ゆとりある運転で楽しい
ドライブを心掛けて頂けたらと思います・・・・・・・

運行管理者国家試験・第1期生の僕のHPですhttp://www.total-idea-plan.com



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック