桜前線

聞いた話によると気象庁の桜開花予想に誤算があったとか無かったとか!?
つい先日、会社の事務所でも桜の開花について盛り上がっていた様ですが
会社の誰もが気象庁の出任せ情報に妙な自信を持って・・・・・・

今月の19日の月曜日あたりには身頃になるって随分と自信を持って
気象庁に代わって熱弁を振るっていたんですが、僕としては桜の幹は
幾分赤らんで来ているけど、蕾に関しては未だ早いんじゃないのかなって
言ったんですが、何故か聞き入れて貰えなくってチョット不服でしたが
まっしょうがないっかって話を終えたんですけどね!?

本当はガツンって言いたかったんですけどね!?
場所によって桜の開花時期も多少は異なると思いますが、そうは言っても
2週間も3週間も違ったりなんて有り得ませんからね!?

そんな訳で僕の長年の統計学から春日部界隈の桜の開花予想を立てて
みたいと思います!?

桜の幹が急に赤らんで見えたのが丁度1週間くらい前で、その頃から
気象庁も桜前線に付いて騒ぎ始めましたが、気象庁の予想では東京の
開花予想が来週の始めらしいんですが・・・・・・・

僕の予想では今日の段階で桜の蕾が色付いて来てはいるものの
膨らむって状態には、もう少し掛かりそうな気配で、早くても
来週末から再来週の始めに掛けての時期になっちゃうんじゃないかって
思うんですけどね!?

今年の開花予想に誤差を生じさせた要因に暖冬って言葉が意外にも
災いしちゃったのかなって思うんですけどね!?

つい先日の話なんですが、チャレンジショップの参加者の人で、やっぱり
桜の開花の話題だ出た時に桜の開花には、雨と花冷えの因果関係が
随分と影響を及ぼすって言っていたんですが、聞いている僕としても
なるほど~って感心するばかりでした!?

と言う事で3月に入ってから雨の降った日も何日もなく、さらに寒さと雨
そして暖かな日差しと言ったコンビネーションなしに都合良く桜の花は
咲いてくれないと言う訳みたいですね!?

そんな訳で自然に何時も目を向けている僕のHPです
http://www.total-idea-plan.com

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック