ダ・ヴィンチ・コード

映画「ダ・ヴィンチ・コード」が前宣伝の効果かどうかは分かりませんが
随分と評判を集めている様ですね!?

そんな「ダ・ヴィンチ・コード」ですが小説を映画化したと聞きましたが
僕自身そう言った小説の存在すら知らなかったんえすよね!

少し前にも話題になった映画「ハリーポッター」も同様に小説を
映画化したって聞きましたが・・・・・・

邦画の場合だったら小説を読んだ物が映画化されて
劇場に足を運んだなんてケースも多いんじゃないかって思うんですが
洋画の場合だと、どうなんでしょうね?

普段から内外を問わず小説を読み漁って居る人だったら
小説を基本に映画を視るなんて人も居られるかとは思いますが
僕を含めて前宣伝をみて興味を持つなんて人も
当然の様に多いんじゃないかって思うんですけどね!?

今回の映画「ダ・ヴィンチ・コード」に関しては僕の周りでも
随分と感心を寄せている人も多い様ですが、僕の場合・・・・・

僕が未だ十代の頃にイタリア美術に魅せられてイタリアに
美術留学をしたいって本気で考えた時期もありましたが
今では遠い思い出って感じですね!?

中世&ルネッサンス・・・・・
そんな時代って、どう言う訳か世界中で同時期に
音楽や美術が盛んになった時代だったんですよね?
勿論・・・日本国内においても同様の現象があった様です!?

こんな事実を、ただの偶然として片付けちゃって良いんでしょうかね?
例えば桜の花が一斉に咲き乱れる様に、人類の遺伝子のなかにも
何らかの情報が組み込まれていて・・・・・

芸術と言うジャンルで一斉に開花したのかなって思うんですが
こんな考え方って変なのかな???

ただ問題視したいのが、その後あの時代に勝るとまで行かないにしても
それに近いって思われる程の芸術繁栄期に匹敵するような
ビッグと呼ばれる様な芸術家が現れて居ないんじゃないかんて
思うんですが、人に因ってはお前が無知なだけで大勢の
芸術かも居るんだよって言われちゃいそうですが・・・・・

そこは大人なんだから笑って誤魔化して頂けたらと思います!?

そんな芸術の最大且つ偉大な物が「交響曲」と呼ばれる
凄く長い音楽?ですが・・・・・
聞いたところに因ると現在でも大勢の作曲家の方々が
書かれて居るって聞いた事もありましたが・・・・・・

嫌な言い方をすると一般に浸透して居ないような曲って
僕の感覚からすると一度も掲載された事の無い自称漫画家に
匹敵するんじゃないかって思うんですが・・・・
また顰蹙をかっちゃうのかな?

そんなこんなで、僕もルネッサンスの時代に生まれて居たとしたら
「レオナルド・ダ・ヴィンチ」のライバルになって居たかもね!?
んな訳???無いっか!?

僕のHP=「趣味的空間」、良かったら覗いて見て下さい。
http://www.total-idea-plan.com/syumi/index.htm

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ナッキー
2006年05月20日 23:18
先ほどTV見てたんですけど映画はともかく本は読みたいなと思いました。。フィクションとして読めばとても面白いものかなとは思います・・

この記事へのトラックバック