チョット笑える小話(江戸っ子編)

お昼過ぎくらいから懲りずに近所のパチンコ屋に行って日頃の
憂さを晴らしに行って来ましたって本当は報告したいんですが・・・・・
憂さ晴らしどころか返ってストレスが溜まってしまいました!?

まっそんな事は想定内の結果だったので特別驚きもしませんが
何時もパチンコの台に向かってジャラジャラした空間に
どう言う訳か自分一人の空間を見出せる様な気分になれるんですよね!?

他人からしてみれば何を都合の良い御託を並べてって非難を浴びそうですが
騒音の中だからこそ自分の世界を確保出来る様な気がするんですけどね
そして面白いのがパチンコの台1つ1つが個性を持っていて打ち手を飽きさせない
配慮がいたるところに見受けられて結構勉強にもなったりするんですよ!

そんなパチンコの機種に東海道五十三次をモチーフにした台があるんですが
それを打って居るとどうしても僕が以前書いた「江戸前・チョット笑える小話
江戸っ子編」って言うのがどうしても頭の中で重なっちゃうんですよね!

文章の中で特別に似ているってところも無いんですが
どうしてなんでしょうね!?
そんな江戸前小話って言うのが、こんな感じなんですよ↓↓↓↓


江戸前・チョット笑える小話(江戸っ子編)原作 瀧本憲彰 No.027

俺って本当は北海道生まれなんだよね・・・・とは言っても
殆ど東京の下町で育ったんで品の悪さだけは江戸っ子以上だけどね!
生粋の江戸っ子が聞いたら怒り出すかも知んないね?
でも真の江戸っ子だったら・・・・・
こんな些細の事なんて絶対に気にしないって言うけどね!?
そして何より江戸っ子の良いところって、いい加減貶されても
最後に誉められると機嫌が良くなっちゃうんだよね!
江戸っ子気質って言えば聞こえは良いんだけど!
まっ・・・・・ とり様に因っちゃ間抜けだよね・・・・・
皆が皆じゃないとは思うんだけどね?
よく言うでしょう?江戸っ子は宵越しのお金は持たないとか・・・・・
気風が良いのが江戸っ子よってね?
そんな江戸っ子気質も俺みたいな雑種の江戸っ子に領域を
奪われつつ有るんじゃないのかなって思う今日この頃だったりしてね・・・・・?
だからって百円をしゃく円なんて発音しないのが雑種の意地ってもんよっ! 
てやんで~っ・・・・・???

ホームページの中の趣味的空間から「江戸前小話」1話~30話
その中の No.027が江戸前・チョット笑える小話(江戸っ子編)
良かったら覗いて見て下さい・・・・・!?
http://www.total-idea-plan.com/syumi/kobanashi/sono6.htm

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ナッキー
2006年02月05日 15:56
パチンコってひとりになれるギャンブルなんでしょうね・・私はやらないけどその東海道五十三次をモチーフにした台がフィーバーしたらどうなるのか見てみたいです・・最近冬ソナをモチーフにした台もできたそうなのでそれも気になります・・
タキモト
2006年02月06日 22:35
パチンコの機械って昔だったらチューリップって呼ばれる役物の一度入ると大きく開いて次回入賞し易くなると言った単純な構造の台が一般的でしたがここ14~15年の間でパチンコの機械の大きく様変わりして出球の拡大や、大当たり確立の大幅な変更なでギャンブル性が高くなり過ぎて、一時よりも人気が低迷して居るのも悲しい現実だったりしてね!?それはそうと京楽の新機種『冬のソナタ』参考にしてみては?↓↓↓
http://www.kyoraku.co.jp/public/products/2006/fuyusona/index.html
ナッキー
2006年02月06日 22:44
URLありがとうございました・・よく分かりました・・チューリップ時代は子供の頃父に連れて行ってもらったことあります・・景品でお菓子よくもらいました・・

この記事へのトラックバック